テーマ:

甲子園で野球をするということと高校球児の命の心配

今、甲子園では夏の高校野球が開催され、数々の熱戦が 繰り広がられている。 夏の甲子園は熱い。 それと合わせて暑い。 巷では、35度を越える猛暑日となったら、運動は控えるように 環境省では「熱中症予防情報サイト」で呼びかけをしている。 グラウンド上での体感気温は40度近くなる甲子園では、本来は 野球等やる環境…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人命より選挙優先の安倍首相に民主“危機管理批判”の過去

結局は何を言おうが 選挙結果、現在の与党という場所にとどまる ためには、国民の命や生活も二の次ということだ。 [日刊ゲンダイ / 2016年7月7日 15時2分] 結局は選挙優先(C)日刊ゲンダイ 言っていることと、やっていることがメチャクチャだ。 バングラデシュの人質事件で、菅義偉官房長官が対応をすっぽかし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母親に懲役3年求刑 女児遺棄事件で、横浜地裁

自分の子供だから殺しても罪は軽いのか? 命の重さの基準はなんなのか? 裁判官の判断基準が過去の凡例に照らして というのも解らないではないが、あまりに機械的 すぎないか? あいりちゃんはもっと生きて人生を全うしたかった と思うのだが。 [2014.7.28 11:16 msn産経ニュースより] 横浜市の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父親がマンション10階から1歳長男投げ落とす ~長男は無事~ 

警察の取調べで 「仕事の悩みがあった」 と供述しているというが、子どもに何の関係があるの? ただ当たりたかったのか、子どもが居なくなれば生活が楽になると 安易に考えたのか? 今回は命に別状がなくてよかったが… で子どもの命をなんだと思っているのだろうか? 自分の「所有物」と勘違いしいてないか? 幼い子どもを犯罪から守る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

櫻井よしこ氏 人の命を虫ケラと見なす中国の価値観は変わらず

中国人を見てきた桜井さんの評価は今もその通りと思う。 ※SAPIO2011年12月7日号より 急成長を続けてきた中国が、それを原動力に軍事力を拡大し、 東アジア諸国に攻勢を強めてきたのは周知の通りだ。 だが中国が今後バブル崩壊などで経済的に危機に陥ったとしても、 彼らは決してその手を緩めるわけではない。 まずターゲットになっているのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杓子定規な対応? 愛知県警、救命士を書類送検 搬送中、違法に点滴

確かに「救急救命士法違反(特定行為の制限)」かもしれないが、その場では 命の危険を回避するための行動であり、慎重に捜査というか対応するべきでは? (法律は万能ではないし…) ~時事通信 10月5日(水)18時43分配信より~ 交通事故で負傷し救急車で搬送中の男性に対し、愛知県常滑市消防本部の 男性救急救命士(39)が違法に点滴を投与し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

中国鉛中毒の子供の血液検査を政府が拒否!

中国の人権・命の重さはいわゆる地方政府・役人の 人間性にかかっているのか? 以下、共同通信 2011.6.15 14:53 より 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチは15日、 中国で蔓延する鉛中毒に関する報告書を公表した。 被害を受けた子供の親から聞き取り調査し 「地元政府に血液検査を拒否された」 「抗議を理由に逮捕された」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自国の主権を守る覚悟が日本にはあるのか?

「東日本大震災は、安全保障も大切だが、命の大切さを教えてくれた」 自衛官OBの総会での自衛隊駐屯地の首長の挨拶に愕然。 「安全保障・危機管理」が確立できていて初めて「命」が担保される 真理・現実に気付いていな政治家・地方自治体首長が多すぎる。 日本の危機管理楽天ブックス 宇田川信一鳥影社この著者の新着メールを登録する発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャバ嬢ママに精神鑑定 ~弁護士の体たらく

大阪市西区で部屋に置き去りにされ幼児2人が死亡 してしまった事件(殺人事件だろう!!)。 母親は 「自由になりたい。遊ぶ時間が欲しかった。」 と話していたと新聞等で見たが。 それで何故、精神鑑定を要求するのか? 弁護士の頭の中を見てみたい。 弁護士の仕事・役割を履き違えている者が多すぎる。 何かと言えば 「事件当時、精…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more