テーマ:福島

人間にも影響は出ているはず→福島第1原発周辺の森林、突然変異やDNA損傷 グリーンピース報告

日本政府はこういた情報を隠しているんだよな。 非難している者に故郷に帰宅できるよう希望を持たせているが それは「死」あるいは「病気」と引き換えになると言うことを隠し てのこと。 実際に帰宅させると言うことは、更なる苦しみを与えると言う ことに他ならない。 無責任である。 原発事故は、事業者たる東京電力が責任…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島のタブーに挑む・その3 賠償の区切りと広域復興 澤昭裕・2016年への提言(後篇)

言いたいことは先のブログに書いたので、ここでは記事の転記のみ [WEDGE Infinity 2015年12月28日(月)澤昭裕] 東京電力福島第一原子力発電所の事故から5年が経とうとしている。 パニックが収まっていない中で次々と決定されたこれまでの政策措置は、 当面5年程度を念頭に置いていたという。 5年経てば、事故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島のタブーに挑む・その2 被ばくデマ・風評被害の根絶 澤昭裕・2016年への提言(中篇)

先のブログでも述べたが、国の面子を優先した対策ではなく、福島 (だけもなく、日本に住む国民のため、同じ地球に住む世界中の人々) の現在・そして未来のための活動を行うべきだ。 [WEDGE Infinity 2015年12月27日(日)澤昭裕] 東京電力福島第一原子力発電所の事故から5年が経とうとしている。 パニックが収…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福島のタブーに挑む・その1除染のやり過ぎを改める澤昭裕・2016年への提言(前篇)-澤昭裕

未だ福島県では土壌の除染活動を行っているが、どこまで効果が あるのだろうか? 確かに多少の放射線汚染については除去できようが、根本の原発 の核燃料物質の冷却、安全に保管できるレベルの容器への回収、 等々が行われなければ永遠に続けなければならない。 政府は効果についての言及はしていない(出来ないと言うべき)が、 福島県・日本国…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

福島原発 汚染水浄化処理 またALPS停止

福島第一原発事故後、汚染水浄化対策として導入されたALPS。運行と停止を繰り返してきたが、またまた原因不明の停止となった。それも3機全てが停止。ヨーロッパ(確かフランスあたりの企業製)から輸入したはずだが、今までの処理を眺めていると外れっぽい。ものづくり日本である。日本企業の触媒技術を集めて、安定稼働出来る浄化システム作れんものか?福島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空自恩納のPCB22トン あす福島へ

今ならなんでも福島に持ち込めるとの考えからか?どうせ原発で立入禁止地域があるのだ からと?福島県の処理業者に委託というのも本当なのか疑問だし、そもそも不法廃棄され ないか責任を持って管理・監視するのは行政のどこなんだ?  ⇒[沖縄タイムス 11月 12日(火)9時29分配信より] 航空自衛隊は11日、恩納分屯基地から2002年に見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島・いわきの2カ所で海開き 海の日の日差しに子供の歓声

少しでも早く放射線物質が減少していくことを望むなー。 [msn産経ニュース ライフ 2013.7.15 12:32 より] 海開きした福島県いわき市の四倉海水浴場で水を掛け合う女性たち=15日 福島県いわき市の海水浴場2カ所が「海の日」の15日、海開きした。 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故のため、いわき市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ国営放送が「フクシマのウソ」を告発

日本人に知らされない真実がまたひとつ。。。 って、外国メディアは福島原発の取材規制があったこと自体初めて知った。 (自分の無知なるところか…) ---------------------- 2012年4月18日 13時25分 ドイツ国営放送が「フクシマのウソ」を告発 ~ 「原子力ムラ」の恐るべき実態を暴いたドキュメンタリーが話題に ~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府の橋桁工事、福島の業者受注も住民の要請受け中断

とんだ風評被害だ。 ~asahi.comより引用~ 大阪府が発注した同府河内長野市での架橋工事をめぐり、 福島県内の建設会社が造った橋桁の搬入に対し、周辺住民が 「放射能汚染が不安だ」 と反対し、別の業者への発注を要請していることがわかった。 府は8月以降、工事を中断し橋桁の放射線量を測定。 今後、専門家の意見を踏まえ安全性が確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激白シンポジウム開催 「一部メディアの放射線への過剰反応に異議あり!」

都内で7月末に開かれた 「福島支援シンポジウム」。 東日本大震災後、何度も福島入りして調査にあたり、 報告書「福島 嘘と真実」(医療科学社) も発行している札幌医科大の高田純教授が 「東日本放射線衛生調査の報告」 と題して基調講演に立った。 「福島県民に放射線による健康被害はない、福島は必ず復興できる、  というのが最初に報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現場判断で福島原発1号機海水注入中止せず

東京電力が震災後に行った福島第一原発への海水注入について 当初は 「菅総理からの意向により注入を一時止めた」 との説明から 「現場責任者の判断で注入は継続していた」 と昨日本社側が発言を撤回した。 既に2ヶ月経過しての撤回には東京電力幹部の倫理観欠乏を 露呈するものだ。 政府は菅総理からの指示を無視した東京電力の行動に対して 不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発の報道されない実情をネットで公開

東日本大震災での被災をきっかけにさまざまな問題を 抱えた東京電力福島第1原子力発電所。 天井が水素爆発で吹き飛んだ原子炉建屋の足下は 撤去できないがれきの山だし、防波堤はほぼ壊滅して いる。 現場作業員が4月下旬に撮影したとされる92枚の写真が、 発電所構内の実態を生々しく伝えている… 新版 原発のどこが危険か 世界の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発1号機に続き2・3号機でもメルトダウン確認される

東京電力の福島第一原発はもはやダメだ。 先日の1号機メルトダウンを発表したが、今朝方、2号機・3号機でも メルトダウンした可能性が極めて大きいとの発表を行った。 災害発生当初から原子力安全保安員は「メルトダウンへの可能性」を 発言していたが、東京電力は力を誇示し意見の受け入れを拒否していた。 現場の声を聞かずに学者諸氏の発言を優先…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

福島第一原発が危なすぎる

福島第一原発1号機~3号機で相次ぎトラブル発生。 冷却水が供給出来ず、原子炉内部の温度というか気圧が 下がらない。 1号機能で一昨日から発生していたが、今日は共鳴するかの ように3号機で同様の現象が起こり水素爆発を起こした。 また、2号機の冷却水供給でもトラブル発生しているとの ことで、いよいよ福島第一原発が危うくなってきた気がす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more