テーマ:国民

パクリの安倍 石破氏の「公平な行政」をパクリ

姑息な安倍の争点潰し 堂々と論議をすることを拒む者が与党総裁とは 片腹痛い 日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年8月16日 9時26分 石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し 「行政を公平につかさどる。これは首相として当たり前の責務だ」 耳を疑うが、これは安倍首相の言葉だ。12日に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内閣は、不信任決議案を出される意味をどう受けとめる?

安倍内閣や参議院議長、その他議長に対して 立て続けに「不信任決議案」が出されては すべて否決されている。 与党自民党/公明党、それに存在意義を印象 付けたい日本維新の会や国民新党などが、 否決採択に回っているが、決議案の意味 するところをまったくを深く考えない、 意味を受け止めていないことは、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法改正を指示する者も、しない者もこれを読んでみろ!

現行憲法をないがしろにし、国民の権利を抑圧する 明治憲法相当への改悪を目指す自民党だが、 そもそも憲法は誰のものかといった点が 捨て置かれているのではないか? 一度この本を読んでみることをお薦めする。 ※買わなくてもいい。   市営等、公立の図書館にも置いてあるはず。   (横浜市、川崎市立図書館にはあった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭の悪い安倍の言葉⇒わくわくしながら改憲の議論を!

昨日のニュースで、安倍首相(自民党総裁の立場で)が 自民党に対して改憲議論を進め、年内に取りまとめるよう にと指示した旨の報道があったが、 そもそも 『憲法改正案』 を 「わくわく」した気持ちで考える とうはどういう了見なのか? 慎重にも慎重を期し、国のため・国民の幸福のためにという 前提が重要なのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あまりに失礼だ!→自民・船田氏、憲法審参考人は「人選ミス」

自民党の船田議員(嫁とそろってW不倫の末結婚)の言い分は あまりに失礼すぎる。 自分たちで参考人として選んだのに、言うに事欠いて 「事前にあまり調べていなかった。」 とは、どういうこと? 参考人に選出した長谷部恭男早稲田大教授に対して失礼だし、 そんなやり方で参考人を選ぶとは、国民に真実を伝える気持ち がないってこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首相の解散権への拒否を国民は行うことができないか?

安倍首相が伝家の宝刀「迷刀 晋三」を繰り出し、 衆議院を解散した。 昨日が投開票日だが、現状で与党(自民党+公明党)の 連立で衆議院の2/3を超える勢いだ。 ちょっと待ってほしいんだが、主権者たる国民には解散に 対する反論は投票でしか出来ない。 そこで、投票の有効票の扱いを変えることが出来ないか 考えてみた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more