テーマ:自衛隊

韓国が主張する低空飛行についての制服組トップ会見要旨

まあ、韓国は誤りを認めない国であり、民族であることは歴史を 見れば判ること。 日本がどんなに正当なことを発言しても、自分たちの意に そぐわないこと、事実であっても不利になることであれば主旨を 変えてまで反論してくるのだから、まともに取り合って損をする のは日本である。 単に韓国の報道に反論することなく、国内・海外メディア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お前の頭が誤解じゃ!⇒稲田防衛相「誤解を招きかねない」繰り返す 釈明会見

何が「誤解を招きかねない演説」であったのかをしっかりと理解しているのかが焦点というか、そこを認識していない限り、いくら謝罪しても何の解決にもならない。 「知らなかったのか?」 「知っていたが、しらばっくれて文句があるかと言い放ったのか?」 「知らなかった」のであれば勉強不足以前に大臣失格。 発言のどこが問題だったか(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アホな大臣ばっかだな安倍内閣⇒防衛相発言 不問に付せぬ政治利用

稲田防衛大臣は本当に弁護士だったのだろうか?(今も資格保有者なのだろうが) あまりに一般的なことが解らな過ぎる上に、業務上知っておいて当然と言われるようなことを知らない(知らなくても平気の屁の字と無知厚顔さを露呈し続ける) 今回の選挙応援で「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」といった中で許されるのは「自民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府広報「北朝鮮のミサイル云々」って、印象操作だな

政府広報として今後数日のみ?テレビで放送されるらしい政府広報が印象操作の疑いが強いと感じるのは私だけでしょうか? 確かに北朝鮮はここ数年の間に各種ミサイルの実験を行いを、その度に 「アメリカ本土も標的」とか 「アメリカに加担する日本もその標的だ」 といった放送が繰り返される。 しかし、日本政府(安倍内閣)は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これでも南スーダンは戦闘状態ではないのか?

これでも戦闘状態ではないと言い張る日本政府の危機管理はどうなっているのか? 稲田防衛大臣は馬鹿なのか? 安倍の操り人形なのか? 弁護士出身なのに論理的な答弁も出来ない! 本物なのか? 【3月17日 AFP】 国際移住機関(IOM)は16日、南スーダンで人道支援の車列が武装した男らに襲撃され、2人が死亡したと発表した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲田防衛大臣の更迭危機。南スーダン視察で「現地の状況は落ち着いていた」発言の失態

所詮は「付け焼刃」だし、そもそも ・なぜその地域では混乱が起こっているのか ・何のために自衛隊を派遣しているのか といったことを理解していると思えない。 そんな者が自衛隊のトップとしていること自体がおかしい! 石破氏を大臣に戻すべきだ。 [週プレNEWS / 2016年10月20日 6時0分] 稲田防衛相は南ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自衛官ヒヤヒヤ 稲田防衛相ハイヒールで艦内闊歩の非常識

常識を知らない大臣・防衛庁長官 この人で大丈夫なのか? 人材育成の観点で任命したとしても、災害等発生した場合に、 即、国民の安全を考えるべきトップが、自分の安全も考えられ ないとは。。。 [日刊ゲンダイ 2016年8月24日] 稲田防衛相の足元に注目(C)共同通信社 永田町の“オシャレ番長”稲田朋美防…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自衛隊の機関紙が安倍首相の非現実的安全保障政策を批判!「人質救出に自衛隊」は無責任と

少し古い(半年ほど前)の記事だが、自衛隊そのものが安保法案 の解釈には間違いがある。従うことは出来ないとしている。 実働部隊と安倍総理が言っている自衛隊が表明していることに 最高指導者の安倍はどう答えるのか? ほとんどの憲法学者が違憲とし、賛成するのはアメリカ等海外だ。 日本人に賛成して、日本という国の法律にするの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安保関連11法案が閣議決定された→こんなことでいいのか?国民不在だ

今日、安保関連の11法案が閣議決定されたらしいが。 国民不在ともいうべき暴挙ではないか? 先のアメリカ議会で日本の総理大臣として演説するのはいいが、 あまりに勝手な閣議決定には承伏しかねる。 先月の参院選(?)で勝ったとはいえ、その投票率の低さからは、 「投票してもムダ」と有権者が感じていること、政治に期待して …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次期戦闘機、F35に正式決定 野田内閣

本当に「F35」でいいのか? 何度も実験を失敗している戦闘機で、アメリカ軍は「F22」を主力として 導入している。 ここでリスクを負って「F35」にした場合、購入後のメンテナンス費用等々が 巨額に膨らむ懸念があるが… 防衛庁は最新式を欲しがるのだろうが、猫に小判ではないのか? 借金が雪ダルマ式に増えていかなければいいが。 ----…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次期主力戦闘機(FX)にF35を選定へ防衛省動く

航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)の候補が ・F18スーパーホーネット (M.ダグラス社) ・F35ライトニング (ロッキード社) ・ユーロスター タイフーン (EU4カ国共同開発) に絞られてから遅々として進まなかったが、防衛省が「F35」を第一候補に? 「F35」は開発に遅れが出ていて、まだ実機もない最新鋭戦闘機。 だが、ステル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与那国島に自衛隊駐屯へ

中国の外洋進出が昨今目立ってきたことからか、与那国島に 陸上自衛隊が駐屯するらしい。 本土から遠くはなれ、台湾のほうが遥かに近いため、切り分け られてしまいそうな存在をあらためて日本の領土であると主張 するために。 主権意地のためにも必要な措置だろう http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月に日米軍事演習 ~「尖閣奪還作戦」~

産経ニュース 2010.10.3 11:23より 日米両防衛当局が、11月のオバマ米大統領の来日直後から、 米海軍と海上自衛隊を中心に空母ジョージ・ワシントンも参加 しての大規模な統合演習を実施することが明らかになった。 作戦の柱は、沖縄・尖閣諸島近海での中国漁船衝突事件を 受けた「尖閣奪還作戦」。 大統領来日のタイミングに合わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more