テーマ:

日本は子どもの命を親が左右できるのがオカシイ

千葉県野田市の小学4年、栗原心愛さん(10)が自宅で死亡 した事件だが、なぜ 「傷害事件」 なのか? 子どもは明らかに「殺害」されているのに? 日本は自分の子どもを虐待しても「躾」と称すればなかなか 追究できない「悪しき考え方」を、裁判所・裁判官の 「前例に倣う」考え方を、事件・事故のケースに合わせて …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高2自殺で体罰の顧問、府警が立件の可否判断へ

体罰と自殺との因果関係を詰めるのは難しいかもしれないが。。。 薬物中毒者が薬の影響から殺人を犯すことが許されるのと同じような 判断がされるのでは? 残念だが。 本人のために、本人が納得(しない場合もあろうが、なぜ体罰を受ける のかの理由が明かされて)した上での指導は「体罰」と呼ばれないかも しれない。 [読売新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【桜宮高2自殺】 生徒38人が体罰目撃…でも学校側は「知らない」

多数の生徒が目撃しているのに学校側(教師)は知らない? 地方公務員として、自治労組合として我が身(身内)を擁護している としか思えない対応だ。 生徒を預かる者・立場として、教師と生徒のどっちが大切かという 論点もあるが、「命の重み」をどう考えているのかが疑問でならない。 まだ16,7歳の若さで死を選んでしまった本人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more