テーマ:小惑星

巨大小惑星、ハロウィーンの日に地球最接近 天文学者ら

地球に衝突する可能性は無いと言っているが、観測で 捕らえられないもっと小さな小惑星と衝突して軌道が 変わる可能性も無いわけではないだろう。 自然の摂理には逆らえないが、一日を気持ちよく生きる ことが大切だな。 “今”起こっても不思議ではない 天体衝突の危機: 超巨大隕石落下・小惑星衝突のメカニズムを知る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直径2.7キロ、巨大小惑星が6月1日朝、最接近

天体ショーは見られないのか 残念だな。 2013.5.31 10:25 [宇宙] NASAのレーダーがとらえた、地球に接近中の小惑星「1998QE2」 (半円形に光る部分)の連続画像(左上から右下へ)。 右下の小さな点は衛星(NASA提供・共同) 米航空宇宙局(NASA)は30日、 直径約2.7キロの巨大な小惑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球に近づく隕石と小惑星を発見する方法

今回のロシアに]落下した隕石は運悪く観測できなかったとの主旨のようだが 見つけてもではどうにもできんだろう! [nsm産経ニュース WIRED 2013.2.28 11:35 より] ロシアに落ちた隕石はあまりに小さく、観察が難しい方角からやってきた。 そのため予測ができなかったのだ。とはいえ、もっと小さい天体を監視すること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

接近する小惑星を撮影 急速に地球に接近

今日の昼に(ロシア)隕石落ちて、150人以上の負傷者が出ているから NASAの発表も信憑性に疑問が・・・ [2013.2.15 09:58 [宇宙]共同通信より] 14日、オーストラリアの望遠鏡で撮影された小惑星「2012DA14」(NASA提供・共同) 日本時間16日未明に地球に最接近する直径45メートルの小惑星 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小惑星、16日に地球に大接近 直径45メートル、静止衛星の内側通過

計算上は地球に衝突しないというが、太陽風などの自然条件が 重なったらどうなるんだろうか? 遺言書いておこうかな? [msn産経ニュース 2013.2.6 11:18より]] 直径45メートルの小惑星が秒速8キロで地球に接近し、 日本時間16日未明、気象衛星ひまわりなどの静止衛星よりも 地球に近いところを通過する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

接近中の小惑星、衛星に衝突の可能性も

発見されたばかりの小惑星「2012 DA14」が、2013年2月に地球の近傍を通過する。 その際に通信衛星と衝突する可能性が指摘されている。 カリフォルニア州パサデナにあるNASAジェット推進研究所(JPL)で 惑星天文学の研究を行っているポール・チョーダス氏は、 「衝突の確率は極めて低いが、完全には排除できない」と語る。 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more