安倍 黒川氏と二人きりで会っていないとの国会答弁は虚位

嘘ばかり発言する総理大臣とは。。。
信頼と言う言葉は彼には全く縁がない。
(民主党政権当時の鳩山も酷かったが、安倍は長期政権下でどこまで嘘をつき続けるのか?)

国会の答弁の場でも、15日のジャーナリスト・桜井よしこ氏主宰のネット番組「言論テレビ」に出演した際にも明確に「この黒川さんと2人でお目にかかったことはありません」と発言。

しかし、2018年12月11日の首相動静に16時25分から9分間、当時は法務事務次官だった黒川氏と官邸で2人きりで会った記録が残っているので完璧な「嘘」発言。
総理大臣が国会で嘘を堂々とついていいのか?

差しで何を話し合ったかは定かではないが、同年5月末に財務省の森友文書改ざん事件で佐川宣寿元国税庁長官以下、財務省幹部ら38人が不起訴に。
同年6月、処分への不服申し立てにより、大阪地裁第1検察審査会が審査を開始。そのさなかに、2人は会っていた。

翌年3月末に検察審は「不起訴不当」と議決。大阪地検は同年8月に再捜査の結果、再び不起訴処分とし、佐川氏らは“無罪放免”となった。

"安倍 黒川氏と二人きりで会っていないとの国会答弁は虚位" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント