石田衣良氏が「バンキシャ!」で安保関連法案めぐる安倍首相の発言を批判

石田衣良の考え方は俺と同じだな。

[2015年9月21日 15時50分 LiveDoor トピックニュース]
20日に放送された「真相報道 バンキシャ!」(日本テレビ系)で、
作家の石田衣良氏が、安全保障関連法成立について
「強行採決」と批判する場面があった。

番組では、安保法が成立したことに関連し、学生を中心とする
デモ活動が活発に展開されたことを取り上げた。

VTRによると、日本テレビの単独取材に応じた安倍首相は、
デモについて
「“国民の一つの声”であろうと思います」
と回答したそうだ。
また、安倍首相の祖父である岸信介元首相が進めた60年安保
闘争で死者まで出たデモとを比較し、
「今回そういうような状況にはまったくなっていない」
「私は平常心で成立を待っておりました」
と振り返ったという。

キャスターの福澤朗氏から「一連のデモ、どうご覧になりましたか?」
と尋ねられた石田氏は、
「これからの政治を左右する力になるんじゃないですかね」
と返答。また、来年夏の衆院選から選挙権の年齢が現在の20歳
以上から18歳以上に引き下げられることにも触れ、若者が政治に
関心を持つことを肯定的に捉えた。

しかし、石田氏は

「ただ安倍さん、おじいさんの話はいいから、一言言えないですかね
 『国民の声をもっとこれから慎重に聞きますよ』とか」

と話し、取材での安倍晋三首相の発言に苦言を呈したのだ。

さらに、安倍首相が今年4月に米連邦議会の上下両院合同会議で、
同法案を「この夏までに成就する」と約束していたことを指摘。

「アメリカの議会でこの法案を夏までに通すという約束をして、
 この強行採決ですから」
と話し、国民の声を聞くよりも米国との約束を優先させていたと批判。

最後に石田氏は「法案通ってしまったから仕方ない」としつつ、

「運用するときは自分の子どもを戦場にやるぐらいのつもりで
 慎重にやってほしいですね」

と語った。
安倍官邸の正体 (講談社現代新書)
講談社
田崎 史郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 安倍官邸の正体 (講談社現代新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



安倍晋三とは何者か?―日本の仕組みをつくり変える政治家の正体
牧野出版
安倍晋三を考える会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 安倍晋三とは何者か?―日本の仕組みをつくり変える政治家の正体 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



国家の暴走 安倍政権の世論操作術 (角川oneテーマ21)
KADOKAWA/角川書店
古賀 茂明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 国家の暴走 安倍政権の世論操作術 (角川oneテーマ21) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



砂川判決と戦争法案 最高裁は集団的自衛権を合憲と言ったの! ?
旬報社
内藤功(元砂川事件弁護団)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 砂川判決と戦争法案 最高裁は集団的自衛権を合憲と言ったの! ? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"石田衣良氏が「バンキシャ!」で安保関連法案めぐる安倍首相の発言を批判" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。