現役議員が他の選挙に出るなら議員辞職して挑むべき

以前から気になっていたが、現役の議員(国会議員、地方自治体等に限らず)が現役の身分は残したまま、他の選挙に立候補することが果たしてよいものか?
半端な気持ちで立候補し、落選しても元の身分(議員)が保証されている者が本気になってその職を全うする気概を持っているのか、どう有権者は判断するのだろうか?

一般の企業に勤めるものは、選挙に出るには辞職して挑まざるをえないのだから、現役議員も辞職して、背水の陣で戦うべきではないのか?

昨今の地方自治体首長選挙を見て(特にN国党の立花代表)安易だと思うのは私だけだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント