日本は子どもの命を親が左右できるのがオカシイ

千葉県野田市の小学4年、栗原心愛さん(10)が自宅で死亡

した事件だが、なぜ 「傷害事件」 なのか?

子どもは明らかに「殺害」されているのに?

日本は自分の子どもを虐待しても「躾」と称すればなかなか

追究できない「悪しき考え方」を、裁判所・裁判官の

「前例に倣う」考え方を、事件・事故のケースに合わせて

考えなければ、何のために裁判官がいるのか?

前例に倣うだけなら、ロボットで十分!

自分の子どもを殺害するのは人間だけと言われる。

そのような不幸なことは断ち切られるように、親子であっても

「傷害」で収めず、「殺害」であると正しい判断をするべきだと

思うが???

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック