なぜ答えない?→菅官房長官「あなたに答える必要ない」

菅官房長官クソだな。

何を恐れている?
自分の発言がぶれることを恐れて拒否しているのか?

新聞記者の後ろには「読者=国民」がいる。
記者はその新聞社として質問し、回答を国民に伝えることが任務だし、質問に答える必要はないというのであれば、相応の真っ当な理由をその場で述べる責任が生じる。
国会議員(議員は全員が国民に代弁者として議会に送られているのであり、自身の政治信条だけで発言・行動することが有権者との乖離を生むことを極力避けなければならない。
そうしたことを確認する意味でも、どんな質問にも誠意を持って回答するべき。
回答を拒否するということは、国民への説明を拒否するということであり、何らかの隠し事・背信を持っていると疑われても仕方がなくなる。
ましてや、内閣の広報官たる官房長官が記者の度重なる執拗な質問を受けたからといって「拒否」することはありえない。正しいことであるなら堂々と同じ回答をし続ければいいのに。。。
(菅よ、首相官邸よ お前たちはトランプ大統領なのか?
 これって、民主主義の根幹に関わってこないか?)

※今回の回答拒否は、首相官邸が東京新聞に対して
 「事実に基づかない質問を繰り返している」からどうにか
 しろと対応を求めていることについて、
 「他のディアにも同様の対応を求めたことがあるか?」
 という質問であり、記者の意見ではない。
 意見と質問の違いもわかっていないということか?


【時事通信 / 2019年2月26日 18時59分】
菅義偉官房長官は26日の記者会見で、事実に基づかない質問を繰り返しているとして首相官邸が対応を求めている東京新聞記者の質問に対し、「あなたに答える必要はない」と回答を拒んだ。

首相官邸は
「事実に基づかない質問は厳に慎むようお願いする」

などと再三、東京新聞に対応を申し入れている。

同記者のこの日の質問は
「会見は国民の知る権利に応えるためにあると思うが、
 何のための場だと思うか」

との内容だった。

この直前に同記者は、他のメディアにも対応を求めたことがあるかと尋ねた。
菅氏はそれに直接答えず、
「この場所は質問を受ける場であり、
 意見を申し入れる場ではない。
 『会見の場で長官に意見を述べるのは当社の方針ではない』
 と東京新聞から(官邸側に)回答がある」

と指摘した。 



安倍政治と言論統制 (テレビ現場からの告発!)
金曜日
『週刊金曜日』編

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ぼくたちはこの国をこんなふうに愛することに決めた (集英社新書)
集英社
2017-12-15
高橋 源一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック