甲子園で野球をするということと高校球児の命の心配

今、甲子園では夏の高校野球が開催され、数々の熱戦が
繰り広がられている。

夏の甲子園は熱い。

それと合わせて暑い。

巷では、35度を越える猛暑日となったら、運動は控えるように
環境省では「熱中症予防情報サイト」で呼びかけをしている。

グラウンド上での体感気温は40度近くなる甲子園では、本来は
野球等やる環境ではないはずなのだ。
(実際、国内では野球、その他のスポーツを強行し、熱中症で
倒れたり、死亡したりする事故が頻発している。)

だが、高野連はスケジュールありき、スポンサーのNHKや
朝日新聞等への配慮?で強行しているように思える。

環境省が止めても、高校野球等を管轄する文部科学省では
考え方が違うのか?

普段練習で鍛えている球児は、熱中症等にはならないとでも
思っているのだろうか?

異常気象と長く言われている中、夏の甲子園大会の開催時期を
ずらす等して、球児の体を命への配慮をするところにきているの
ではないか?
甲子園という病 (新潮新書)
新潮社
氏原 英明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト






A&D 熱中症指数モニター AD-5689(みはりん坊ミニ)
エー・アンド・デイ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック