お前たちの記憶は信用できない!→文科相 “前川氏の辞任意向 1月5日に聞いた記憶ない”

あれだけ質問されても、「記憶にない」との発言に終始した割りに、今回の前川前事務次官の辞任意向を聞いた時期についてはしっかりと記憶があるようだ。

非常に都合のよい記憶回路が組み込まれているのだろうな、政権与党出身の議員諸氏の頭には。
あっ、あと、急に病気になって緊急入院するのも政権与党に多いよな!

とっても都合のよい体に変身できるようだ。

[NHK NeWeb ws7月11日 14時23分]
画像

文部科学省の前川前事務次官が、天下り問題を受けて辞任を決意し、ことしの1月5日に松野文部科学大臣に辞任の意向を伝えたと主張していることについて、松野大臣は11日、そうした記憶はないと説明しました。
文部科学省の前川前事務次官は、みずからが天下り問題を受けて辞任した経緯をめぐり、先に菅官房長官が「恋々と地位にしがみついていた」などと述べことについて、国会の閉会中審査で、「事実に反する」としたうえで、ことし1月4日に引責辞任を決意し、翌5日には松野文部科学大臣に辞任の意向を伝えたと主張しました。

これについて松野大臣は11日の閣議のあとの記者会見で、前川氏が辞任の意向を伝えたと主張している1月5日は、京都市を訪れ、当時事務次官だった前川氏を含む複数の職員と一緒に文化庁の移転先を視察し、込み入った話を聞ける状況ではなかったとして、辞任の意向を聞いた記憶はないと説明しました。

そして松野大臣は、1月中旬までの間に前川氏本人から意向を聞いたと説明しました。

また松野大臣は、天下り問題の調査が進んでいた1月上旬に、文部科学省の担当者が、前川氏の違反が認定された場合でも、前川氏の定年延長が可能か総理大臣官邸側に問い合わせたことがあるとしたうえで、前川氏から松野大臣には延長の申し出はなかったことを明らかにしました。
勉強も仕事も時間をムダにしない記憶術
大和書房
山口 佐貴子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 勉強も仕事も時間をムダにしない記憶術 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック