確証ないまま 下村自民党都連会長、献金疑惑に「元秘書が。。。」

自民党東京都連会長兼、自民党幹事長代行の立場にある下村博文議員が、献金疑惑記事が掲載された“文春砲”に「元秘書が内部文書持ち出した疑惑ある」と反論している。

しかし、何の証拠も根拠も示さない(示すことが出来ない)状況で、与党自民党幹部が、現在進行形で行われている「東京都議会議員選挙」の立候補者に対して、不正行為があった可能性があると記者会見で公言することは、選挙活動への妨害行為であり、許されるものなのだろうか?

不正行為があったのは自分自身ではないのか?

そのことから目を逸らすために元秘書に疑いの目を向けさせようとしているのではないか?

昨日の会見では非常に苦しい弁明に終始していたが、会見を見ているものの内、何割の者が発言を信じたのだろうか?

献金者のプライバシーを守るために公表は控えるのは当然のことのように思われるが、一方で与野党の国対委員長を集めた第三者委員会的臨時査察チームを編成して、メディアに公表することなく献金者に確認を取るといったように、ちょっと頭を使えば簡単に出来ることではないのか?

プライバシーを盾に不正を逃れることは真っ当な人物ではないということだ!



自民党 迂回献金の闇 日歯連事件の真相
角川学芸出版
東京新聞取材班

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自民党 迂回献金の闇 日歯連事件の真相 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック