バカな発言だな ⇒加計問題「勝負は終わっている」 山本地方創生相

山本大臣が「勝負は終わっている」とは、国民に諦めろと言っているということか?

事実がどうだったのか、正しい判断がされたのかということを検証することを国民は要求しているのに?

だから国民の民意を全く考えていないと言われるのだ。

言わせてもらえば「国家戦略特区諮問会議」のメンバーはどういった経緯で集められたのかだ。ほぼ全員が安倍総理のお友達ではないか!

そもそも諮問会議は権限を持たない総理大臣の指摘な会議体のはずだ。(お友達を集めたわけだし)

その中で話し合われたことを政策として総理大臣が「諮問会議のお墨付き」なんて馬鹿な根拠として閣議決定してしまうこと自体が国民を愚弄しているということ「気づきながら言わない」ことは、選挙で選ばれた「代理人」が勝手なことをしているという反逆行為にも等しい。

ここまで馬鹿な内閣閣僚が揃うとは、さすがの安倍人事だな。

そろそろ政治を国民に返してくれないか!

[朝日新聞DIJITAL 2017年6月26日23時23分]


■山本幸三地方創生相(学校法人「加計学園」の国家戦略特区での獣医学部新設について)挙証責任というのは規制監督省庁にある。

この原則をしっかり認識してもらわないと、今回のような話も全く理解されないわけであります。

今回の話というのは、(国家戦略特区)ワーキンググループで議論していただいて、去年の3月末までに文科省が挙証責任を果たせなかったので、勝負はそこで終わっているんですね。

もう1回、延長戦で9月16日にワーキンググループやってますが、そこで議論して、もう「勝負あり」。その後に何を言っているのかという気がして、私はなりませんけども。

それを踏まえて、きちっと(国家戦略特区)諮問会議に上げて粛々と議論を進めてきたわけで、一点の曇りもない手続きにのっとったやり方でありますので、満幅の自信をもって、これはしっかりやりたいというように思っています。

特区の成果がしっかり上がれば、全国展開が一番望ましいわけで、それに向けて全力を挙げていきたいと思います。
(地方自治体の首長らから国家戦略特区推進の要望を受けて)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック