安部総理のご意向か? 文科省での加計学園文書再調査は存在の有無のみ

文科省が再調査するとされる 加計学園に関する文書の調査 について、問題がどこにあるかは全く触れず、その存在の有無に限って調査する事がわかった。

安部総理は「徹底的な調査を指示した。」と、自信満々に発言していたが、結局はうやむやな調査になるようで、再調査の意味が全くない。

松野文科大臣はおそらく、安部総理のご意向を汲み取って出鱈目な調査指示を出しているのだろう。

でなければ、再調査指示から既に数日経過しているのに途中経過の報告すらない状況は、安部総理・内閣府・政権に有利なことになっていない裏返しともとれるものだ。

また、調査結果の公表には内閣や与党への説明をしたあとでなければ出来ないとする文科省調査員の発言も、
「要は、内閣や与党自民党のご意向に沿わない調査結果は認められない」という、言わば言論統制がかかっていて、当初から縛りが生じているということだ。

これでは、何度調査しても真実が表にでることはないということだ。

誰のための、何のための政治家なのか?

公務員が意を決して発言した正しい行いを潰すことが、政治家の仕事と思っているのだろうか?

それを国民が付託したと!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック