50代の男がわめく 〜白黒つけるぜ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 何これ?本気?→靖国参拝「防衛大臣」と記帳しても私人 政府答弁書決定

<<   作成日時 : 2017/01/31 14:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

戯言で誤魔化そうとしているとしか言いようがない。

私個人が「防衛大臣」なのか?
それは職業の役職である。
個人は「稲田朋美」でしかありえない。

なぜ、現内閣はそこまでして事実・今までの考え方を歪曲し
議員を守ろうとするのか?

守るほどに内閣の信頼・信用が失われるというのに!
確かに現内閣の支持率は60%を超えるとも言われ、高い。
しかし、その支持率は政策の一面を見てのものであり、
内閣として何をやってもいいと国民から「お墨付き」をもらった
ものではない。

何か現内閣の面々は 大きな勘違い をしているのではないか?

支持率の高さ と 全面的な信頼 はイコールではない。

民進党(旧民主党当時)の稚拙な政治運営に嫌気が差し、
一強と言われる中で、引き算の結果「支持する」となっている
のが大方の意見ではないかと感じる。

そういった背景にも心を割き、謙虚な姿勢で政治を担っていく
ことが、結果として「良い政治家」であり「良い政権」だったと
評価されるものではないか?

自分たちの身を守ることに腐心し、常識を逸脱し、新しい判断
をしまくることが正しさと勘違いしている者は立ち去ることだ!

[産経ニュース 2017.1.31 11:15]
画像

稲田朋美防衛相(斎藤良雄撮影)

政府は31日の閣議で、稲田朋美防衛相が
昨年12月に靖国神社に参拝した際、「防衛大臣」と記帳したことに
関し、
「肩書を付したからといって、
 私人の立場を離れたものとは考えていない」

とする答弁書を決定した。
答弁書は
「記帳に当たり肩書を付すことは、その地位にある個人を表す場合
 に慣例としてしばしば用いられている」

と指摘した。
政治腐敗を撃つ―「不信」の明細書
毎日新聞

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 政治腐敗を撃つ―「不信」の明細書 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何これ?本気?→靖国参拝「防衛大臣」と記帳しても私人 政府答弁書決定 50代の男がわめく 〜白黒つけるぜ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる