国民を騙すのもいい加減にしろ! 試算も詐欺まがい 安倍政権「年金カット法」のイカサマ

こういった嘘、マヤカシを国会に提出した場合、厚生労働省を
はじめとする各省庁は疑義を問われないのか?

国家う議員であれば、証人喚問の際に、偽証等々しないことを
宣誓させられるが、通常の法案やその説明に嘘があった場合に
罰せられないのは国民に対する背信行為ではないか!

公務員・政治化は 公僕 であることを正しく認識するべきだ。

[日刊ゲンダイDIGITAL / 2016年10月20日 9時26分]
厚労省にダマされてはいけない

壮大なマヤカシにダマされてはいけない。
安倍政権が今国会で強行採決しようとしている「年金カット法案」。
物価と賃金の“より下がった方”に合わせて年金を減額する
老人いじめの悪法だ。
一体いくら減らされるのか。
民進党の要求に応じ、厚生労働省がようやく試算を公表したが、
まあ、これが詐欺みたいなものなのだ。

法案に盛り込まれた新ルールを直近の過去10年間に当てはめると、
年金受給額が今より3%減るという。
国民年金で月2000円、厚生年金は月7000円。
だが、民進党の独自試算はもっとシビアだ。
下げ幅は5.2%になるとして、
国民年金は月  3300円、
厚生年金は月1万1800円 減ると計算した。
政府試算と比べると、それぞれ年額1万6000~5万8000円
もの開きがある。試算した井坂信彦衆院議員が言う。

「政府は年金の減額分を過小に見せるような試算を意図的にして
 出してきたのです。試算するにあたって、過去10年に実際に
 行われた『特例水準の解消』や『可処分所得割合の減少』を
 前提条件に含めなければならないのに、なぜかこれらは条件から
 外され、累計2%の“上げ底”が図られました。
 それで年金カット額がわずか3%と表示されたわけですが、会計
 のプロが見たら一発でインチキと分かるひどい試算です。
 厚労省はよくこんな恥ずかしい試算を公表できたものです」

■「7%増」の過大見積もり

政府試算のイカサマはこれだけではない。
給付の削減が進むため、現役世代については、将来の国民年金額が
7%(月5000円程度)増えるとしている。
こちらはかなり過大な見積もりだという。

「現役世代の年金を月5000円アップするには、過去10年の
 カット額を、運用利回り4.2%で20年間運用し、2.3倍に
 増やす必要があります。
 しかし、この低金利時代に4.2%の運用利回りをコンスタント
 に出し続けるのは非現実的。
 年金カットを国民に納得させるためにバラ色の将来を描いてみせた
 のでしょう」(井坂信彦衆院議員)

そもそも、常に物価と賃金の低い方に合わせて年金がスライドされる
ということは、物価が上がっても年金が減るリスクと隣り合わせと
いうことだ。
しかも、一度下がった金額は二度と元に戻ることはない。
こんなエゲツない法案ができたら、餓死する高齢者が相次ぐのでは
ないか。
「たった3%だから大丈夫」なんて甘く考えているとひどい目に遭う。
日本を破壊する5つの罠
日本文芸社
森ゆうこ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本を破壊する5つの罠 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「成長戦略」の罠
祥伝社
高橋 洋一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「成長戦略」の罠 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック