増税延期の影では 「凍土壁」凍らず、セメント系注入決定 福島第1原発で規制委

かなりだめもとの計画だったし、凍土壁を作れたとしても、原発建屋を通る
ことで、汚染されることは高確率であるはずだから、専門家からは「ムダ」
とも言われていたが。

東京電力と原子力規制委員会に預けていいものなのか?

それこそ、第三者として
科学者・建設関係者・地質学者・海洋学者、原発研究機関等々から英知を
集め、国家規模で取り組まなければ、福島県および周囲の自治体だけの
問題ではなくなるのがなぜわからないのだろうか?

わかっていても、責任を取りたくない与党国会議員が大多数なのか?

こんなことでは、「廃炉」なんて夢物語ではないか!

[産経新聞 6月2日(木)15時28分配信]

原子力規制委員会の検討会は2日、東京電力福島第1原発の汚染水対策で、
建屋周辺の土壌を凍らせる「凍土遮水壁(とうどしゃすいへき)」が完全
に凍結しないため、周辺にセメント系の材料を注入する東電の計画を了承
した。

運用開始から2カ月が経過しても汚染水抑制の効果が見えず、追加工事が
必要と判断した。

東電は近日中に工事に着手する。

東電によると、凍土壁周辺の地中温度は測定箇所の97%で0度を下回った
ものの、1号機北側、東側と4号機南側では7・5度を超え、凍らない箇所
が複数残った。

石の多い地層で水が流れやすくなっていることが原因とみられ、工事で隙間
を埋め凍結を促進する。

規制委は、海側から段階的に進める凍結範囲の拡大について、地下水位の
急激な変化などのリスクが小さいことから、山側の95%まで凍結する
次の段階への移行も了承した。
日本と原発 私たちは原発で幸せですか? [DVD]
株式会社ENTER the DEE
2016-01-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本と原発 私たちは原発で幸せですか? [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






終わりなき危機~日本のメディアが伝えない、世界の科学者による福島原発事故研究報告書~
ブックマン社
ヘレン・カルディコット(監修)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 終わりなき危機~日本のメディアが伝えない、世界の科学者による福島原発事故研究報告書~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック