インドネシアの高速鉄道は中国案で大丈夫なのか 宮崎正弘氏「悲惨な結果が…」

安かろう、悪かろうで、完成までは早いだろうが、動かなく
なるのも早いよな。
自分の国じゃないから、アフターサービスは破格な金額を
要求するだろう!

初期投資よりランニングコストがバカ高いものになりそうだ。

[ZAKZAK 2015.09.30]
画像

中国の展示会で並べられた高速鉄道の模型。
本物の工事や運行に問題はないのか(共同)

インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画で、日本の新幹線を
押しのけて中国高速鉄道方式が導入される見通しとなった。
破格の融資条件、国ぐるみの猛烈な売り込みで、中国は当初
リードしていた日本を逆転した。
だが、中国の海外プロジェクトには問題も多く、計画の実現性
に疑問符が付きそうだ。

中国案が採用される方針が決まったのは、インドネシアの
首都ジャカルタと東に約140キロ離れたバンドンを結ぶ高速
鉄道計画。
ユドヨノ前政権時代には日本案が先行していたが、昨年10月
にジョコ政権が発足してから情勢は一転、中国が巻き返していた。

日中の受注レースが白熱化するなか、中国は
「事業費の全額融資」
「政府の債務保証は求めない」
などと大盤振る舞いを連発した。
日本は新幹線の安全性や好条件の融資を武器にしたが、
中国の採算を度外視した売り込みに敗れた。

中国事情に詳しい評論家の宮崎正弘氏は
「前途多難で、悲惨な結果が予想される。
 内心、インドネシアの人々がかわいそうだ」
といい、続けた。

「ジャカルタ-バンドン間は高い山や崖、川が多く、難工事は
 避けられない。加えて、中国の破格の融資も疑問だ。
 一方的に利息を上げたり、全額返済を求めたり、政治的に
 利用しかねない。
 ミャンマーやカンボジアでもモメている。
 インドネシアに莫大な借金だけが残るのではないか」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック