下請け責任者が全ての元凶なのか? トカゲの尻尾切りではないか?

横浜市都筑区のマンション(ららぽーと横に建設済)で岩盤まで
基礎杭が打たれていなかった問題。

メディアも工場請負元の旭化成も、当時現場で責任者だった者
一人が全ての元凶のように、過去に関係した完成物件の調査を
行うと報じている。

だが、本当に一人が元凶なのだろうか?

元請けの旭化成、下請けの旭化成建材、共に過去の完成物件・
現在進行中の物件を調査した上で、どこに問題があったのかが
検証出来るのではないのか?

今の状況は、下請け業者の一人に責任を被せ、事態収拾を画策
しているようにしか見えない。

そもそも、下請け業者から責任者を出させる際に、元請けの
旭化成から施工に関する権限がどの程度委譲されていたのか
(名前だけの責任者となっていなかったか)等、調査する事は山
ほどあると考えられ、今の先走り報道の責任の所在が何処に
あるのかという疑問と同質のものではないかと感じられてならない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック