SEALDs奥田さんに“殺害予告”今こそ問われる警察の存在意義

明らかに民主主義(言論の自由、結社の自由等々)に対する
公然の挑戦だ。

警察はおそらく本気で捜査はしていないだろうが、一国民が
殺害予告をうけているという事実を真摯に捉え、任務を全う
しなければ「国家の犬」と呼ばれるだろう。

昔の特高ではないんだから、国民のために働け!

[日刊ゲンダイ 2015年9月30日]
画像

殺害予告を受けたSEALDs奥田愛基さん(左)(C)日刊ゲンダイ

これは民主主義に対する挑戦じゃないか。
安保法案の反対運動を展開してきた学生団体「SEALDs(シールズ)」
の奥田愛基さん(23)が28日、自身と家族に対する殺害予告が届いた
ことを明らかにした。

<学校の方に、僕と家族に対する殺害予告が来ました。
 なんか、僕だけならまだしも、なんで家族に対してもそうなるのか…。
 何か意見を言うだけで、殺されたりするのは嫌なので、一応身の回りに
 用心して、学校行ったりしてます。被害届等、適切に対応してます>

ツイッターにこう書き込んだ奥田さんは、呆れた様子で日刊ゲンダイに
こう言った。

「安保法案に反対運動しているだけで『殺害予告を出す』という空気感が
 残念です。法案に賛成、反対以前の問題です。学生が活動することが、
 生意気で許さないという雰囲気が許せません。
 屈せず、思いを伝えたいと思っています」

■メンツをかけて予告犯を逮捕すべき
憲法で保障されたデモ活動をしただけで「殺害予告」が届くなんて、
どこかの将軍様の国家顔負けだ。
それなのに安倍政権を礼賛するネット右翼の仲間たちは大ハシャギ。

<表だって政治活動をするなら、それくらいの覚悟があって当たり前だろ>
<そこまで想定して覚悟できてないんなら、デモもテレビ露出もするな>
なんて書き込んでいる。
安倍政権と同様、憲法も民主主義も理解していない者たちばかりだ。
歴史をマトモに勉強せず、一日中、家に閉じこもってネットの中で、
「中韓が悪い」「アベサイコー」とか言い続けているから、こういう思考
になるのだ。

ネトウヨの書き込みは論外として、こういう時こそ警察の出番だろう。
国会前の安保反対デモに装甲車を出して過剰警備し、参加者を軽微な罪で
パクってダラダラと勾留し続けたり、駅の便所のドアに「安倍はA級戦犯」
と落書きした犯人捜しに躍起になったりしている場合じゃない。
それこそ警察のメンツをかけて、都道府県警の全捜査員を総動員してでも
殺害予告犯を逮捕するべきだ。

民主党の有田芳生参院議員はこう言う。

「ネット上で匿名の殺害予告などは頻繁に起きていますが、一番の問題は
 警察がきちんと捜査をしないこと。
 おそらく警察と権力がベッタリしているからでしょうが、きちんと捜査
 するべきです」

安倍政権が「SEALDsの活動を警戒している」なんて思って警察が
手ぬるい捜査をすれば、それこそ、この国は戦前に逆戻りだ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック