50代の男がわめく 〜白黒つけるぜ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 民意無視に味をしめ…安倍独裁政権が企てる「改憲」の正体

<<   作成日時 : 2015/09/21 17:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

安倍を総理大臣にしたのも国民だ。
選挙で当選させ、頭にのせた。

次は頭を冷やさせるために、選挙で厳しいお灸をすえねば
なるまい。
お坊ちゃま政治家からの脱却を国民が導いてやることも
現代では必要だ!

[日刊ゲンダイ 2015年9月21日]

民意無視に味をしめ…安倍独裁政権が企てる「改憲」の正体
画像

ファシスト首相はますます凶暴化(C)日刊ゲンダイ

「平和安全法制(安保法案)の成立後は、経済で成果をあげて
 いきたい。 自民党立党以来の悲願の憲法改正についても
 粘り強く取り組んでいきたい」

安倍首相は大規模な水害が発生していた11日、
インターネット番組に出演して、来年の参院選後に憲法改正に
取り組む野望を口にした。

今回、安倍首相は国民の反対の声を無視して、戦争法案を
強行成立させた。
民意を無視することに味をしめたファシスト首相は、いよいよ
改憲に突き進むつもりだ。

「自民党がつくった憲法改正草案には、この政権の強権的、
 独裁的な体質がハッキリ表れています。
 立憲主義をないがしろにして、人権や民主主義を制限し、
 権力者がやりたい放題やる。
 今回の安保法案の採決強行は、その考え方を先取りした
 格好です」(政治学者・五十嵐仁氏)

自民党の憲法草案には、

「すべての国民はこの憲法を尊重しなければならない」

という条文が加えられている。
本来、憲法は国民が権力者を縛るものなのに、
国民に憲法順守義務を課すのだ。
さらには、国民は国旗と国歌を尊重しなければならない、
公の秩序に反してはならない、領土を保全し……。
やたらと国民の義務が多い。


その一方で、内閣総理大臣の権限は大幅に強化される
国防軍を動かすことができる「専権事項」も設けられている。

「安倍自民が目指しているのは、一言で言うなら全体主義
 国家でしょう。国民より国家が優先で、個人の自由を抑圧
 して国家のために奉仕させる。
 民主主義を形骸化させようというのです」
(五十嵐仁氏=前出)

自民党草案を未読の人は、連休中に読んでみるといい。
絶対にこの政権を倒さなければダメだということがよく分かる。
おぼっちゃまくん おはヨーグルトBOX [DVD]
ポニーキャニオン
2013-04-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おぼっちゃまくん おはヨーグルトBOX [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



社会認知ならびに対人関係のトレーニング(SCIT) 治療マニュアル
星和書店
デイビッド・ロバーツ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 社会認知ならびに対人関係のトレーニング(SCIT) 治療マニュアル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
民意無視に味をしめ…安倍独裁政権が企てる「改憲」の正体  50代の男がわめく 〜白黒つけるぜ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる