新国立競技場への批判さらに拡大... 為末大も「今の案に反対です」発言

こうしたスポーツ界からの声を政治家はどう汲み取るのか?


新国立競技場への批判さらに拡大... 為末大も「今の案に反対です」発言

[2015/7/12 17:13 Jcastニュース]
元男子陸上選手の為末大さん(37)が、自身のホームページ上で
新国立競技場建設の現在の案に反対を表明した。

他にも元ラグビー選手の平尾剛(40)さんや衆議院議員の後藤田
正純議員(45)も反対の声を上げており、現計画への反対の声は
ますます増していきそうだ。

画像


「スポーツがこれ以上金にまみれる姿は見たくない」

為末さんは2015年7月10日に自身のブログで、
「いろんな意見を聞いて考えてきた私の結論を言いますと、私は
 三つの立場から新国立競技場建設の今の案に反対です。」

と表明。その三つの立場とは陸上選手、スポーツ選手、日本国民
としてだと書き、理由として、
新しい国立競技場はサブトラック(ウォーミングアップのための
 グランド)がなく陸上競技の世界大会が開催できないこと、
スポーツ界もしくはアスリートが日本に負担をかけたと言われ
 お荷物扱いされるのがいやであること、
経済的に負担が大きすぎることをそれぞれ挙げた。

また、元ラグビー日本代表の平尾剛さんも反対の立場を見せた。
7月8日、自身のツイッターで

「これまでかなり自制してきたけれどもう辛抱たまりません。
 おかしいでしょ!やっぱり。あんなスタジアムに頼らずとも開催
 する方法を探ればいいだけの話ちゃいます?
 声、あげませんか、スポーツ界の中から!
 こんな不条理は断じて許せない。」

と発言。さらに10日には、スポーツ関係者が暗黙のうちに発言を
抑制していることに耐えられなくなったとして、

「誤解のないように言っておくと五輪とW杯の開催自体には反対
 しません。元ラグビー選手の立場からはむしろ歓迎しています。
 だけど巨額の建設資金を投じてスタジアムを建設することには
 明確に反対の意を表明します。」

「大好きなスポーツがこれ以上金にまみれる姿は見たくありません。
 政治に利用されるのももうたくさんです。
 この思いが今の僕を突き動かしています。」

と、巨額な競技場の建設に強い反対姿勢を示した。

他にも、東京新聞の報道によると、元女子マラソン日本代表で
自身も招致活動に協力した有森裕子さん(48)も、7月6日の
新国立競技場問題を考えるシンポジウムで、

「アスリートは協会に属し、そこで育ててもらい、皆さんの応援を
 受けて競技に没頭することが使命。
 その現場(協会)を多少なりとも触発するようなことはできない。
 その気持ちはくんでもらいたい」

とアスリートたちの立場に配慮しながらも、

「オリンピックが、皆さんの負の要素のきっかけに思われるような
 ことは本望ではない。一人でも多くのオリンピアンが応援して
 いただけるよう、何かできれば」

と涙ながらに心情を吐露している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック