【ご当地アイドル発見】東京・ホワイトレース(上)「天使すぎる」マーシュ彩をはじめ、清楚だが賑やかなキ

東京」は上野で活動するご当地アイドルです。
ちなみにブログはこちら⇒ http://ameblo.jp/whitelace2014/

「天使すぎるアイドル」として脚光を浴びるマーシュ彩(14)が在籍
 し、注目度急上昇中の「WhiteLace」(ホワイトレース)。
都内を中心に活動し、白いレースを意味するユニット名で清楚
(せいそ)なイメージがウリだが、おもしろトークやギャグもできる
賑(にぎ)やかキャラクター揃いだ。

■千年に一度の逸材
画像
「性格は慣れればうるさいけどそうじゃなければ、ほんとに静かです。
 マーシュって呼ばれます」
と、はにかんで語るマーシュ彩。

インターネットに投稿された1枚の写真をきっかけに平成25年に
「天使すぎるアイドル」として大ブレークした福岡のご当地アイドル
グループの橋本環奈になぞらえ、
「千年に一度の天使すぎるアイドルの再来!」
「超超超超かわいい」
と昨年からネット掲示板で話題になっている。

今年1月に制服専門店CONOMiが都内で開催した
「第2回制服アワード授賞式」
に登場したことで、さらに注目され、「WhiteLace」の知名度が
アイドルファンの間で急上昇している。

父がアメリカ人で母は日本人。
テレビのバラエティー番組で人気のタレント、ダレノガレ明美の若い
ころを彷彿(ほうふつ)させる容貌が、スター性を感じさせる。
メンバーはそれぞれ担当カラーがあるがマーシュはピンク。

個性の強いメンバーが揃うなかでは決して浮くこともなく、年上
メンバーからは妹のようにかわいがられている。

■リーダーはベッキー似

スター性があるのは、マーシュだけでない。
「アハハ。ベッキーさんに似ている?ハイ。それはよく言われます」
と笑顔とハキハキした口調が魅力のリーダー、もりち(森千秋、20)。
担当カラーは紫色。もりちも日本と米国のハーフだ。

顔が似ているだけでなく、トークの仕切りの頭の回転の速さは、司会業
で見事な仕切りをみせる本家のベッキーにひけをとらない。
リーダーとして「WhiteLace」の魅力を語った。

「よく面白いことをしてみんなでゲラゲラ笑っています。
 モノマネが得意な人がいたり変なラップをする人がいたり、道端でも
 関係なく踊る子とかいたりします。
 みんな動きが派手なので周りのひとたちにすごく見られます」
画像
■7人で大きな花へ

「異なるアイドルグループとして活動してましたが、メンバーから
 ユニットとしてのコンセプトまで全部変えて新しく活動しよう」
(もりち)と、26年9月に結成された「WhiteLace」。

メンバーは、
もりちとマーシュのほか、まなてぃ(高梨茉奈、20、オレンジ)、
はまやん(浜口綾、18、緑)、うららん(岡田うらら、17、赤)、
みょんみょん(田中弥音、15、青)、しぃちゃん(富岡志織、14、黄)
の7人だ。
画像
ユニット名は、所属事務所が公募した中からメンバーが話し合って
決めた。「WhiteLace」は、小さな白い花弁が集まってカーテンレース
のようにみえる花にちなむ。

「小さな花が集まると大きなお花に見える。花言葉は感謝。
 私たちが活動していく上で、とっても大切にしたい気持ちなので
 決めました」
と、メンバーはブログで紹介している。

現在は東京の上野アメ横アイドル劇場などを中心にライブを開催。
「上野は外国人の方がたくさんいらっしゃいます。
 私自身英語が話せるので、架け橋となって上野をもっと海外の方に
 知っていただけたらなと思います」
(もりち)と、国際親善への思いも強い。

=敬称略

(昌林龍一、写真も)
c2015 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.
アイドル最前線2015 (洋泉社MOOK)
洋泉社
2015-02-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アイドル最前線2015 (洋泉社MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






UTB (アップ トゥ ボーイ) 2015年 07月号
ワニブックス
2015-05-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by UTB (アップ トゥ ボーイ) 2015年 07月号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック