ラブホテル2時間制にも理由があった!性の意外な「平均値」5つ

でも2時間じゃあ短いよね!
郊外のラブホテルは3時間、4時間の休憩はざらにあるけど!

[Suzie(2015年1月17日19時10分)より]

自分のセックスが普通かどうか、疑問に思ったことはありませんか?
あるいは、普段のセックスライフに不安を感じたことはないですか?
このような場合、第一、誰に聞いたらいいのかがそもそも疑問ですよね。

そこで今回は、セックスと人間関係の専門家ら(イアン・カーナー博士、
ギルダ・カール博士)の研究報告から、セックスにまつわる平均値を
まとめてみました。

■1:勃起しない状態の男性器の平均サイズは3.5インチ
 ちなみに、未勃起状態で平均3.5インチ(8.89センチ)の男性器は、
 勃起時だと平均5インチ(12.7センチ)になるそうです。

 女性器の神経のほとんどは、外陰の表面と膣管の入り口2インチ
 (5.08センチ)に位置するため、平均サイズの男性器で十分に
 オーガズムに達することが可能なのだとか。

 ところで、雑誌やネットをみていても、どうも男性の多くは、自分の
 男性器のサイズを気にする人が多いと思いませんか?

 実は専門家もこの点をとりあげていて、「大半の女性は男性器の
 サイズよりも、その清潔感に重点を置いています」と述べています。

■2:30分のセックスで消費するカロリーは200kcal
 これはかなりの消費カロリーです!
 なんなら、ジムを休んでセックスしたほうがいいのかもしれない
 ですよね。

 しかし、たしかにセックスも運動にはなるものの、太ももの脂肪を
 燃焼するには十分ではないのだとか。
 どうやら、日々の運動に加えてセックスをするのがベストのようです。

■3:早漏と呼べるのは射精までの時間が2分以内
 早漏(PE)は勃起不全(ED)よりも一般的です。
 専門家によると、3人に1人が早漏を経験しているとも。
 最近の研究によると、遺伝という説もあります。

 早漏に悩まされる男性の多くは、挿入まで達しない事もあります。
 前戯の段階で射精してしまうのです。

 行動療養や、射精を遅らせる薬はあるようですが、今のところ特効薬
 はありません……。
 しかし、女性がオーガズムに達するまでの道のりはいろいろあるもの。
 あきらめちゃいけません。

■4:平均的なカップルが前戯にかける時間は20分
 前戯はカップルの親密度を高め、また女性が使われた感や満たされ
 ない感を感じさせない効果もあるのだとか。

 ただし、女性は感じ始めるまでに男性よりも時間がかかるようです。
 10分の前偽と20分の前偽では、満足感のある関係かそうでない関係か
 というほどの違いが生まれるそう。

 みなさんの中にも、前戯が雑なパートナーに悩まされている人も多い
 と思います。

 そんな人に朗報!
 実は、脳こそ最高の性感帯なのだそうです。
 性の話をしたり考えを共有する事でも、前戯となり得るというわけ
 です。ぜひ試してみてください。

■5:平均的な人がセックスをする時間は103分
 セックスの平均時間1時間43分。
 なるほど、ショートタイムを2時間に設定しているホテルが多いのも
 納得ですね。

 しかし、時間より頻度で悩む人、気にする人のほうが多いと思いま
 せんか。
 雑誌のセックス特集などでも、よくとり上げられていますよね。

 実は、これについての答えはないのだそうです。
 というのも、興奮は興奮を生み、セックスはセックスを生むからだ
 とか。

 つまり、週1ペースのセックスだったとしたら、そのセックスに集中
 することで結局はそれ(週1ペース)よりも頻度が多くなるのだそう
 です。

 また、ある程度の頻繁でセックスをする女性は、テストステロン
 (男性ホルモンの一種)の上昇を経験し、結果的に健康的でより
 興奮するセックスをするそうです。

 ということで、今晩パートナーを誘おうと考えているなら、
 一期一会の気持ちで集中してみましょう!

(文/富士峰子)
ラブホテルのぶっちゃけ話
彩図社
阪井すみお(著者)まお(原案)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラブホテルのぶっちゃけ話 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ラブホテル・コレクション―甘い記憶―西日本 [DVD]
ポニーキャニオン
2009-10-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラブホテル・コレクション―甘い記憶―西日本 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



首都圏ファッションホテルベストカタログ
クイン出版

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 首都圏ファッションホテルベストカタログ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック