50代の男がわめく 〜白黒つけるぜ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 放射性廃棄物の無害化に道? 三菱重、実用研究へ

<<   作成日時 : 2014/04/14 15:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

実用化できれば、ふくしま第一原発の処理にも役立てられるのだが。
がんばれ三菱重工さん。

2014/4/8 7:00 日本経済新聞より

三菱重工業は重水素を使い、少ないエネルギーで元素の種類を変える元素変換の基盤技術を確立した。
原子炉や大がかりな加速器を使わずに、例えばセシウムは元素番号が4つ多いプラセオジウムに変わることなどを実験で確認した。
将来の実証装置設置に向け、実用化研究に入る。放射性セシウムや同ストロンチウムを、無害な非放射性元素に変換する放射性廃棄物の無害化処理に道を開くもので、原発メーカーとして実用化を急ぐ。

■百数十時間で元素変換
クリーンルームで元素変換の実験に取り組んでいる(三菱重工の先進技術研究センター)
3月下旬、米ボストンのマサチューセッツ工科大学の講義室。
世界から集まった100人以上の研究者を前に、三菱重工・先進技術研究センターの岩村康弘インテリジェンスグループ長は「元素変換はマイクロ(100万分の1)グラム単位で確認できた」と報告した。
多数の質問を受け、同社の実験を説明する理論の提案も数多く発表されたという。

三菱重工の横浜市の先進技術研究センター。
700を超える幅広い製品群を擁する同社の次世代研究を一手に引き受ける秘密基地だ。
研究棟の1階の約3分の1を占めるクリーンルームで研究者が白衣に身を包み、約25ミリ四方の薄膜の金属板を装置にセットする。
超高温や超高圧をかけることなく、数日で内部で元素が変わり、新たな元素が生まれてくる。

具体的には厚さが数十ナノ(ナノは10億分の1)と極めて薄い金属のパラジウムと酸化カルシウムの薄膜を交互に積層した多層膜に変換したい金属を付ける。
この膜に重水素を透過させると百数十時間で元素番号がそれぞれ2から4、6多い元素に変わった。

セシウムはプラセオジウムに、ストロンチウムはモリブデン、カルシウムはチタン、タングステンは白金に変わることを確認した。
特殊な薄膜に重水素を透過させる独自技術は日本での特許に続き2013年、欧州でも特許を取得した。

先進研の石出孝センター長は「ここ数年で研究が大きく加速した」という。
様々な手法で重水素の濃度を高めることで、新しい元素の収量がナノグラムからマイクログラムへ3桁増えた。
測定精度も上がり、1平方センチメートル当たり最大数マイクログラムの元素変換を確認したとしている。

セシウムの元素変換率は、ばらつきはあるものの100%近いものもあるという。
元素変換を示唆するガンマ線も微量ながら検出している。同社はセシウムの場合、パラジウム多層膜の内部で4個の重水素が1個のセシウムの原子核に十分近づき、陽子4個と中性子4個が加わりプラセオジウムになったとの仮説を立てている。
ただ、詳しいメカニズムや理論は分かっていない。

元素変換は「エネルギー収支が合わず、従来の物理学の常識では説明できない」などの指摘がある。
新しい元素の量が少なく「外から混入した可能性も完全には排除できない」との声もある。

■未知の現象を解明する実験
三菱重工が開発した金属の薄膜
もともと低いエネルギーで元素が変わるのは、1989年に提唱された常温核融合と同じ考え方。
1億度などという超高温でなくても核融合が起こり、過剰熱が発生するという夢の現象を再現しようと世界中で再現実験が研究されたが、ほぼ否定された。

三菱重工も当時から研究を始めた。
途中からエネルギーの発生を証明するより、元素の変換を示す方が実証しやすいのではないかと考え、元素変換に的を絞った。
微量の元素が生まれたことは、兵庫県にある世界最高水準の物質分析技術を持つ大型の放射光施設「SPringー8」を使っても確認している。

同社の研究に協力した独立行政法人物質・材料研究機構の西村睦水素利用材料ユニット長は「現在まだ解明されていない新種の元素変換反応の可能性を示唆している」としている。
トヨタグループの研究開発会社、豊田中央研究所(愛知県長久手市)も元素変換の研究を続けており、成果が出ているようだ。

昨年12月の東京工業大学。元素変換や低温核融合などをテーマに研究する研究者や技術者が全国から集まった。
三菱重工のほか、大学の発表も行われた。
岩手大学工学部の成田晋也教授もその一人。「未知の現象の解明を進める」ための実験を続けている。

2009年、三菱重工の元素変換研究を視察した有馬朗人元文科相(中)
岩村氏は「元素変換を確信できる量が取れた。理論的なメカニズムはわかっていないが、我々はメーカー。
次のステップに進みたい」という。大学の研究者の間でも「もっと変換の量が増えれば、文句がつけられなくなる」との声がある。

三菱重工は実験の規模を拡大し、収量を増やし実用化のメドを付ける方針。
これまで小規模な体制で先進技術研究センターで研究していたが、他の事業本部や外部の大学や研究機関との共同実験を増やす。

金属薄膜を大きくしたり、ハニカム構造にして表面積を大きくしたりする方策などを検討している。
放射性元素の変換の実験はまだ始めていないが、例えば放射性のセシウム137はユーロピウムに変換する可能性があるという。

放射性廃棄物の処理以外にもレアメタルなどの希少元素の生成や、新エネルギー源としての応用を想定している。
ただ、レアメタルや新エネルギーは既存技術があり経済性との比較になる。

岩村氏
は「現在、決定的な解決策がない放射性廃棄物の無害化は価値が最も高い。
 当社は原発メーカーでもある。10年後には実用化したい」という。


《記者の目》細々と続けてきたのが実情
3年前の東日本大震災。
放射性物質を拡散する東京電力福島第1原子力発電所の光景を前に、ある三菱重工業関係者は「元素変換をもっと大規模に研究していれば」と叫んだ。
三菱重工は約20年、元素変換を研究してきたとはいえ、予算も人員も「細々と何とか続けてきた」というのが実情だ。

三菱重工は1990年代前半に元素変換の研究を始めた。一般に内容が知られたのは、関連学会の論文誌に岩村氏が論文を発表した後の2002年ころだ。
ただ、常温核融合の負のイメージもあり「現代の錬金術」との見方もされ、同社は対外的なアピールに慎重だった。

岩村氏は技術統括本部のインテリジェンスグループ長という肩書を持つ。
「技術もマーケティングが必要」との考えから10人のチームを束ね、エネルギー・環境分野を中心に他社の技術開発動向を探る。

「グループ長の仕事に専念してほしい」と遠回しに元素変換の研究からはずれるように言われたこともある。
社内の研究予算はついていたが「07、08、09年ごろはけっこう危なかった」という。

岩村氏は「この10年で研究の精度が飛躍的に上がり、世界で研究仲間も増えてきた。
中国の大学は我々そっくりの装置で研究している」と元素変換の認知度向上とともに、競争の激しさを実感している。

10年前から大がかりな研究体制をとれば、現時点で放射性廃棄物処理の具体的な実証実験ができていた可能性がある。
しかし、実態は「基礎から実用研究へ移行できそうな段階」にとどまる。

元素変換は重工幹部も時折、「おもしろい研究をしているんだ」と口にする。
「あんな研究を続けられるのも重工くらいだよねぇ」という外部の声もある。
研究を途切れさせなかったのは三菱重工の懐の深さだが、現状の体制で、10年後に大きな成果が期待できるのか。
そろそろ企業として腹をくくる時だ。

(企業報道部 三浦義和)






2015年放射能クライシス
小学館
武田 邦彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 2015年放射能クライシス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
放射性廃棄物の無害化に道? 三菱重、実用研究へ  50代の男がわめく 〜白黒つけるぜ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる