空自恩納のPCB22トン あす福島へ

今ならなんでも福島に持ち込めるとの考えからか?どうせ原発で立入禁止地域があるのだ
からと?福島県の処理業者に委託というのも本当なのか疑問だし、そもそも不法廃棄され
ないか責任を持って管理・監視するのは行政のどこなんだ?  ⇒[沖縄タイムス 11月
12日(火)9時29分配信より] 航空自衛隊は11日、恩納分屯基地から2002年に見つ
かり、同基地で保管されていたドラム缶112本分のPCB(ポリ塩化ビフェニール)約
22トンが13日に県外へ向けて搬出されることを明らかにした。PCB搬出の第1陣
で、残りのドラム缶約990本分も順次来年3月末までに運び出される予定。 12日に
22トン分を保管庫から運搬車両に積み込み、13日朝に同基地から車両が出発後、福島
県の処理場に搬入される予定という。 同基地には、返還された米軍恩納通信所の跡地か
ら1996年に見つかったPCB約104トン(ドラム缶694本)も保管されている。
 米軍分は12月上旬から順次搬出作業を始める見込み。空自分と同様、来年3月末まで
にすべての搬出作業を終え、福島県で処理される予定。 同基地に保管されていたPCB
の処理をめぐり、処理水を恩納村内の河川に流さないことを条件に、同村は2004年に
基地内処理の受け入れを表明。その後、05年に北九州市の事業所で処理が可能となり、
県外搬出に変更された。 今回、北九州に比べて年間処理能力の規模が大きいなどの理由
で、福島県の処理業者に委託された。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック