戦後、日本はずっと「敗戦」状態にある?

確かに、敗戦から半世紀以上経過しているにもかかわらず、勝戦国
アメリカの属国的な立場に甘んじ続ける日本は、いまだ敗戦国だと
感じる。
自分の責任・覚悟を持って国際社会に一国家として認められるものに
ならなければ・・・

[2013年8月27日(火)12時0分配信 週プレNEWSより]
1945年8月15日を「敗戦」ではなく「終戦」と呼び換えたことから
すべての歪みが始まった……。
アメリカには「敗戦国」として従属を続けながら、日本国内とアジア
諸国に対しては「敗戦」という事実を否認し続ける。
その結果、敗北が無期限に続く構造を「永続敗戦」と名づけ、日本の
戦後論に新鮮な一撃を加えた快作が『永続敗戦論 戦後日本の核心』
だ。著者の白井聡氏に聞いた。

―この本全体を貫く明快で論理的な「戦後」の検証に感銘を受けました。
それ以上に印象的だったのは白井さんの「この本を書かねば」という
気持ちが強烈に伝わってきたことでした。
こうしたテーマを扱おうと思った動機は?

「具体的なきっかけはふたつ。
 ひとつは民主党による政権交代があったのに、その後、鳩山内閣退陣
 をはじめとしてわけがわからなくなってしまったこと。
 そして、もうひとつはやはり原発事故ですね。

 このふたつが証明したのは、『戦後民主主義』なるものは実は存在
 しなかった、という事実です。そこから日本の『戦後』の本質を検証
 し直す必要があると確信しました。そうしたなかで行きついたのが
 『永続敗戦』という考え方です。

 私は、もう少し抽象度の高いテーマを扱うのが専門なので、現代史
 や外交史について、こうした時事的な著作を出す日が来るとは、
 自分でも思っていませんでした。
 ところが “こういうコトを誰かが言わなきゃいけないだろう” と思って
 いたのに、専門の学者が言わない。じゃあ自分で書くしかないなと」

― この本を通じて白井さんは繰り返し、日本の「戦後レジーム」を
再検証する必要性を訴えています。そして「日本を、取り戻す。」と
いうキャッチフレーズで首相の座に返り咲いた安倍首相も
「戦後レジームからの脱却」を繰り返し主張しています。
このふたつの違いはなんなのでしょう?

「安倍さんの言う『戦後レジーム』が何を指すのかは不明瞭ですが、
 その発言から推察するに、背景には自民党が結党時から訴え
 続けてきた戦後民主主義への強い抵抗感があり、日本の『敗戦』
 によって否定された戦前の体制へのシンパシーが感じられます。
 具体的には自主憲法制定や国防軍の創設で『普通の国』を目指す
 というコトなのでしょう。

 一方、私の言う戦後レジームとは『永続敗戦レジーム』のことです。
 際限ない対米従属という形での『敗戦』と、国内およびアジアに
 対しては敗戦をごまかすという、矛盾しつつ補い合うふたつの
 立場に依拠(いきょ)してきた日本の戦後の保守政治の体制を指します。
 そして、この『永続敗戦』は、耐用年数を過ぎたというのが私の見方
 ですね」

―日本は今、「永続敗戦レジーム」からの脱却とは正反対の方角に
 突き進んでいるようにも見えます。 
 このまま進むと、その先には何が待っているのでしょうか?

「安倍首相の言う『戦後レジームからの脱却』が本気で追求される
 ならば、『永続敗戦レジームの崩壊』が一目瞭然の仕方で生じる
 ことになるでしょう。最も端的な形は、中国との戦争です。
 ただ、尖閣諸島で軍事的な衝突が起きた場合、日米安保がある
 から米軍が必ず助けてくれるとは限らない。
 私はむしろアメリカは参戦しないと考えます。

 また日中の軍事力のどちらが優勢かわかりませんが、実際に
 戦争になれば中国はレアメタルなど資源の禁輸だけでなく、
 中国に進出している日本企業の資産接収などに踏み切るはずで、
 勝ちきれるなどとはとうてい思えません。

 場合によっては、そうした事態を起こさせないために、多くの人たち
 が『日本を守るためにいる』と思っている米軍が『日本の軍事力
 への抑止』という形で動くことで日米安保が“本当の顔”を見せる
 かもしれません。どうなるにせよ、『永続敗戦レジーム』を許容して
 きたことの高い代償を日本国民は支払うことになるでしょう。

 対米従属を続ける日本は、アメリカがいつまでも日本の
 『親代わり』をしてくれると信じて疑いません。ですが、そのアメリカ
 は今や『調子に乗りすぎた』日本を持て余しはじめています。
 つまり、対米関係においても、そして対アジア諸国との関係に
 おいても『永続敗戦』の構図はすでに崩壊しているのです」

(構成/川喜田 研 撮影/山本尚明)

●白井 聡(しらい・さとし)
1977年生まれ。東京都出身。
早稲田大学政治経済学部卒、
一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。
日本学術振興会特別研究員などを経て、文化学園大学助教。
著書に『「物質」の蜂起をめざして―レーニン、〈力〉の思想』
(作品社)など

■『永続敗戦論 戦後日本の核心』
太田出版 1785円
第2次世界大戦後、アメリカには従属を続けながらも、国内と
アジア諸国に対しては敗戦を否認し続けたために敗北が無期限
に続く構造―。著者はそれを「永続敗戦」と呼び、日本の戦後論
に新たな糸口を示し、それがもはや維持不可能であることを指摘する

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック