オリオン座1等星に異変? 大きさ2~3倍に

ベテルギウス 心配されている「超新星爆発」か?

[msn産経ニュース 2013.9.10 より]
冬の夜空に明るく輝くオリオン座の1等星「ベテルギウス」が、従来より
2~3倍大きく膨らんで見えたとする観測結果を、北見工業大などの
チームが9日発表した。

この星は、一生の最後に大爆発する「超新星爆発」が近いとされ、何らかの
変化が起きたとみられる。

ただ実際の星がこれほど急激に膨らむとは考えづらく、三浦則明北見工大教授

「大爆発の前兆とは言えないだろう」
としている。
ベテルギウスは「冬の大三角形」の頂点の一つ。
太陽系の中心にあれば、木星の軌道ほどになる大きさで「赤色超巨星」と
呼ばれる。
地球から640光年離れ、大爆発すると昼間でも見えるほど明るくなると
予想されるが、地球への影響は分かっていない。

チームは昨年11月、西はりま天文台(兵庫県)の望遠鏡で、光をさまざまな
色に分けて観測。
その結果、星や周囲のちりなどが見える緑の光の観測では1970年代の観測時
より星の大きさが3倍に広がり、形はいびつな楕円形だった。

同様に赤の光でも過去の観測と比べ広がって見えた。
チームは、星からガスが噴出し、周囲を漂う分子が光って見えたと推測する
が、これだけでは説明がつかないという。
三浦教授は
「何か変化が起こったのは確か。ベテルギウスで何が起こっているのか突き
 止めたい」
と話している。

<膨らんで見えるオリオン座の1等星ベテルギウス(北見工業大提供)>



オリオン座はすでに消えている? (小学館101新書)
小学館
縣 秀彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オリオン座はすでに消えている? (小学館101新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック