風立ちぬが好評なジブリだが、やはりラピュタだろう

淡々と二人の行き方を綴っていく「風立ちぬ」も悪くはないし
当時の時代的背景などを思いつつみるのもいいが、切ない
気持ちだけが残るのは…高畑勲の影響か?

今までファンタジーの色が濃かった分、新鮮さはあったが
宮崎駿の特徴があまりなかった感があったのは自分だけか?
ファンタジーに徹するのも役割として大きいと思うが。。。

天空の城ラピュタ [Blu-ray]
スタジオジブリ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 天空の城ラピュタ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

1/20 天空の城ラピュタシリーズ ロボット兵 (園丁バージョン) FG5
ファインモールド
2011-10-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1/20 天空の城ラピュタシリーズ ロボット兵 (園丁バージョン) FG5 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



天空の城ラピュタ (徳間アニメ絵本)
徳間書店
宮崎 駿

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 天空の城ラピュタ (徳間アニメ絵本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック