南の楽園 独り占め  鹿児島・与論島の百合ケ浜

沖縄よりもずーっと綺麗だねー。
今度行ってみるか!

[msn産経ニュース フォト 2013.07.21 より]
画像

見渡す限り360度の絶景が広がる、現実とはかけ離れた世界。
まさに楽園だ=鹿児島県与論町

思わず言葉を失う抜けるように青い空、エメラルドグリーンに
輝く海に浮かぶ白砂の浜―。
目の前に広がるのは、まさに「南の楽園」だった。

鹿児島県の最南端に位置する与論島は、サンゴ礁が隆起して
できた周囲約23キロの小島。
その沖合約1.5キロに、春から夏にかけて大潮の干潮時にだけ
現れる幻の砂州がある。
「百合ケ浜(ゆりがはま)」と呼ばれ、楽園の主役のような存在だ。

島の東にある大金久海岸からボートで5分ほど。
誰もが絶景に息をのむ。
百合ケ浜が見られるのは1日3-4時間と短い。
が、幻といわれるゆえんはそれだけではない。

島はサンゴ礁に囲まれており、浅瀬の岩場に砂がたまった場所
が百合ケ浜となる。
大きな台風が来ると、砂はあちこちに飛ばされ地形も変化する。
こうなると、百合ケ浜は形も場所も大きさも変わり、全く同じ姿を
見ることはない。
画像

鹿児島県の与論島で、大潮の時にのみ姿を見せる島、「百合ケ浜」
画像

浜で見つかる星砂を年齢の数だけ拾うと幸せになれるという。
小さな粒は確かに星の形をしている

また、堆積具合で砂州にならないこともあり、昨年は一度も現れ
なかったという。
今年は一転して絶好のコンディション。
「ここ数年で一番だね」と、島内で観光業を営む里毅敏(57)さんは
胸を張る。
8月に百合ケ浜が見られるのは6-8日と、19-22日の7日間だ。

与論島はかつて「日本最南端の島」として人気を集めていたが、
沖縄の本土復帰以降は旅行客が減少。
百合ケ浜が人であふれることも少なくなり、楽園の絶景を独り占め
できることもある。

鹿児島県枕崎市から初めて訪れた杜山綾佳さん(24)は
「いろいろな離島やビーチに行ったけど、ここが一番きれいだった。
 帰りたくない」
と、名残惜しそうに浜を後にした。(写真報道局 大里直也)

画像

星の砂を拾う人
画像

百合が浜の夜
原色 ニッポン《南の島》大図鑑
阪急コミュニケーションズ
加藤庸二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 原色 ニッポン《南の島》大図鑑 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



シブスタレーベル vol.2 敗者復活オーディション リベンジ in 与論島 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
2004-09-24
イメージ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シブスタレーベル vol.2 敗者復活オーディション リベンジ in 与論島 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



星の砂キーホルダー★10個セット
よろんずまーと

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 星の砂キーホルダー★10個セット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック