「女子」と呼べるのは何歳まで? - 「高校生まで」「20代前半」「永遠に」

本人がよければどうでもいいんじゃないの?
年齢を重ねても、少年少女の気持ちを持ち続けている人だっている
んだし。

[6月20日07時19分 提供:マイナビニュースより]
「女子」と呼べるのは何歳まで? - 「高校生まで」「20代前半」「永遠に」

イーライフはこのほど、同社が運営するクチコミプラットフォーム
「buzzLife」の会員約19万人に対して、
「”男子””女子”と呼ぶ基準・年齢」
など呼称に関するアンケート調査の結果を発表した。
調査は 5月16日~19日に行われ、9,374名の有効回答者数を得た。

「女子会」「女子力」「○○系男子」など”男子””女子”のつく言葉が流行
している昨今、
誰かを”男子””女子”と呼ぶときの基準は年齢、もしくは見た目のイメージ
や行動なのか尋ねてみたところ、
両方合わせて判断する人が 34.2%、
「年齢」のみと「イメージや行動」のみがそれぞれ約20%という結果になった。

男性より女性、また若い年代の方が、相手の年齢に関係なく、イメージや行動
を見て”男子” ”女子”という言葉を使っている傾向が見られた。
メディア等で”女子”のつく流行語を聞きなれていると、成人に対して抵抗な
く使えるのかもしれないと調査では分析している。

併せて”男子””女子”の判断ポイントを自由記述で尋ねたところ、
「制服/学生服」「高校生」など、学校関係の単語が頻出した。
「学校の制服を着ていれば女子、男子と思います」(20代女性)、
「高校生までの男女」(50代男性)など、
”男子””女子”=制服を着た男女のイメージという傾向が強いと推察される。

続いて、”男子””女子”と呼べる年齢はいつ頃までなのかを聞いてみた。
その結果、最も多かったのは
制服のある「高校生まで」で、
次いで「20代前半」となり、おおむね学校を出て自立するくらいまでの年齢と
いう回答が多かった。

一方で、「永遠に(年齢不問)」という回答も「20代前半」と同程度あり、特に
”女子”についてはその傾向が強く見られた。
女性は普段、化粧やおしゃれなどで若さを心がける傾向があることも関係して
いると推察されるという。

「女子力を磨いていたり、女子なところを捨てないようにがんばっている」(20代女性)、
「自分が、いくつでも女子と呼びたいから。
 格好は年相応でも、気持ちは、女子です」(40代女性)
と、”女子”という表現に若さを感じ、「いつまでも”女子”でありたい」と
願っている女性が多いのではないかと調査では分析している。

最後に自分を”男子””女子”と呼べるかどうかを理由とともに聞いたところ、
「呼べない」が全体の約70%という結果になった。
女性の方が「呼べない」という回答が少なく、年齢にとらわれない傾向が強い
ことがここでも見られた。

「呼べる」理由としては、
見た目や気持ちが若いから、女子会/男子会といった言葉を使っているから、
の他、
「結婚していなければ、いくつになっても女子と呼んでいいと思っています」
(30代女性)と、未婚であることも理由に挙がっていた。

一方、「呼べない」理由は、
年齢を挙げる声が多い中、
「子どもを4人産んで、見た目もおばさんです」(30代女性)、
「結婚したら女性というイメージが強いので女子とは思わない」(20代女性)
など子どもの有無や既婚であること、そして
「50歳で”女子”は恥ずかしい」(50代女性)、
「自分に対しては恥ずかしさがある」(40代男性)
と、周囲からの見られ方を気にする声も目立った。
自分については年齢やイメージの他、未既婚や子どもの有無、周囲の目もポイ
ントとなるようだと調査では分析している。

調査結果の詳細は「buzzLife」ホームページで公開している。

【拡大画像を含む完全版はこちら】
URL http://news.mynavi.jp/news/2013/06/20/011/index.html?gaibu=hon
「大人女子」と「子供おばさん」
新人物往来社
ひかり

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「大人女子」と「子供おばさん」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



専業女子
ヴィレッジブックス
ゴマブッ子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 専業女子 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック