がんの「もと」から根絶=薬効少ない「静止期」追い出す―新療法で再発防止期待

早く人間にも応用できるようになれば、再発を不安に生きている
多くの人が安心して生活できるようになる。

こういった研究には、国・厚生労働省が支援するべき。

[時事通信 3月19日(火)1時10分配信より]
抗がん剤治療で消えたように見えても、がん細胞のもとになる
「がん幹細胞」がわずかに残っているとがんは再発、転移する
ことがある。

九州大などの研究チームは、抗がん剤が効きにくい
がん幹細胞を標的にした治療法を開発、マウスで効果を実証した。

論文は18日付の米科学誌キャンサー・セル電子版に掲載される。

増殖が速いがん細胞は、常に細胞分裂を行っているため、
抗がん剤や放射線治療はこの分裂中の細胞を標的にしている。
一方、がん幹細胞は増殖が遅く、ほとんどが増殖しない「静止期」
にとどまっているため、抗がん剤などは効きにくく、再発のもとに
なっていた。

九大生体防御医学研究所の中山敬一教授らの研究チームは、
細胞を静止期にとどまらせる遺伝子「Fbxw7」に着目。
血液のがんである白血病を発症させたマウスの同遺伝子が
働かないように操作したところ、静止期にとどまるがん幹細胞が
急減。
このマウスに抗がん剤を投与すると、無治療のマウスや、
抗がん剤のみを投与したマウスに比べ、生存率が大幅に向上した。

同様の仕組みは、白血病以外のがんでも予測されているほか、
同種の遺伝子はヒトでも確認されている。
中山教授は
「増えない細胞がなぜ静止期にあるかを突き止め、静止期から
 追い出して、たたくことができた」
と話しており、今後数年をかけて、Fbxw7を一時的に働かなくする
薬の実用化のめどを付けたいとしている。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック