エコを考えてみた(1)

南極上空のオゾンホール拡大、北極海の氷原や世界各地の
氷河激減。

大平洋に浮かぶ珊瑚礁から成るツバル共和国は水没の危機
に瀕している等、地球規模の気候変化が続いている。

その元凶は二酸化炭素(以降、CO2)排出による地球温暖化
と言われ、当初はCO2排出削減の方策が世界的に起こっていた。

京都議定書締結は世界的な意思決定とも考えられたが、
中国、アメリカなどの排出大国は批准していないまま今日まで
きている。

ではそもそも「エコ」は何のために言われ始めたのかから
考え直す時期ではないだろうか?
そこからやり直さなくては、排出大国は今後も変わらないだろう。

次回より、本題に入って行きたいと思います。

続く(但し非定期掲載ですが)
気候変動とエネルギー問題 - CO2温暖化論争を超えて (中公新書)
中央公論新社
深井 有

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 気候変動とエネルギー問題 - CO2温暖化論争を超えて (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「地球温暖化」神話 終わりの始まり
丸善出版
渡辺 正

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「地球温暖化」神話 終わりの始まり の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



地球と一緒に頭も冷やせ! 温暖化問題を問い直す
ソフトバンククリエイティブ
ビョルン・ロンボルグ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 地球と一緒に頭も冷やせ! 温暖化問題を問い直す の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック