(朝鮮日報日本語版) 【社説】中国は領土拡張の野心が自らの首を絞めることを知れ

韓国国内でも中国を脅威と捉えているようだが、今の
イミョンバク大統領は、中国の影から漁夫の利を狙って
いるようだ。
足元を掬われるかもしれないのに・・・

[朝鮮日報日本語版 9月26日(水)9時59分配信より]
中国国家海洋局は今年3月、大韓民国が管轄している
 離於島(中国名:蘇岩礁)を念頭に
 「海洋監視船と航空機で中国が管轄する海域を定期的
  に監視する」
 と宣言。
 さらに今月23日には無人航空機を利用し、離於島周辺
 海域を監視、管理する遠隔海洋監視システムのデモン
 ストレーションを行った。

馬羅島の南149キロに位置する離於島から、中国側に
 最も近い島は上海沖の余山島で、直線距離では287キロ
 離れている。
 離於島周辺海域は韓中両国の排他的経済水域(EEZ)が
 重なる場所だが、国際法上の等距離原則に従って海洋の
 境界を定めた場合、明らかに韓国の管轄権に属する。
 韓国は1952年、この海域を含む「平和ライン」を発表し、
 2003年には「離於島海洋科学基地」を建設した。

韓国政府は16年前から中国政府に対し、この海域を含む
 済州島南方海域での境界線を決めるための話し合いを
 提案しているが、中国側はあれこれ理由をつけて話し合い
 に応じようとはしなかった。

韓国政府はこれまで中国が境界を決めることに消極的な
 理由について「中国漁船の保護が目的」との見方を示し
 てきた。
 ところが2006年に中国は突然、離於島を「蘇岩礁」と
 名付け、昨年にはこの周辺で沈没した漁船の引き上げ
 作業を行っていた韓国の船舶に対し、政府の船を派遣
 して「中国が管轄する海域だ」と主張してきた。
 さらに昨日は「海洋監視船と無人航空機を使って常時
 監視する体制を築く」と発表した。
 離於島周辺を紛争海域とする意図を露骨に前面に出し
 てきたのだ。

海中の岩礁である離於島は、領土紛争の対象にはならない。

ところが中国がこのように出てきたのは、西海(黄海)から
 東シナ海を経て南シナ海に続く海洋ラインを掌握し、
 海上での覇権を確立することにある。
 中国は今年の夏、東南アジア諸国連合(ASEAN)に
 加盟する複数の国と領有権争いをしている南シナ海の
 西沙諸島(パラセル諸島)、中沙諸島(マックルズフィー
 ルド堆)、南沙諸島(スプラトリー諸島)を合わせて三沙市
 とする措置を一方的に発表し、一部の島には軍隊まで
 駐屯させている。

また、東シナ海では日本と尖閣諸島(中国名:釣魚島)の
 領有権をめぐって対峙(たいじ)している。
 尖閣諸島の領有権争いには台湾も加わり、25日には
 台湾と日本の巡視船が周辺海域で互いに放水を行う
 事態にまで発展した。

中国政府は最近の国力向上に伴い、周辺国に対して
 領土拡張の野心を次々と見せているが、このような
 行動が自国の将来にどのような影響をもたらすのか、
 まずは深く考えるべきだ。
 実際、中国の脅威を感じる国々はここ数年、反中国
 で連帯する方向ですでに動き出している。
 中国は自らの行動によりこのような事態を招いている
 現実を直視しなければならない。

今後、離於島周辺海域で中国がいつ何をしてくるかは
 まったく予想がつかない。
 そのため韓国政府は、中国とのEEZ画定交渉を直ち
 に決着させ、離於島周辺海域に対する韓国の海洋
 主権を確実に守らなければならない。

また、同時に韓国国内では済州海軍基地を1日も早く
 完成すべきだ。
 基地建設に反対する勢力は、大韓民国が直面する
 安全保障上のさまざまな脅威から国民の目をそらし、
 イデオロギーによって国民を扇動しようとしているが、
 政府は彼らの妨害に屈してはならない。



朝鮮人強制連行調査の記録 中国編
柏書房
朝鮮人強制連行真相調査団

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 朝鮮人強制連行調査の記録 中国編 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック