党首討論の愚 党を越えた国の政治をしてくれ

一昨日国会で菅民主党代表(首相?)と谷垣自民党代表の
討論会が再びあったが。

ニュースで見た谷垣自民党の表情(笑顔?苦笑い?)は
何だったのか?

谷垣が内閣の提示した予算案へのダメ出しに対して
「内閣が丸飲み出来るような修正案を自民党が出して来る
 ことを期待する」
と、菅首相が答えた直後の表情だ。

野党としたらば、
「内閣がそんな自信のない提案を出したということなのか?」
と斬り込む立場ではないのか?

首相発言も情けないが、野党第一党党首としての甘さが
ありありと見えた。
その後、自民党版影の内閣で予算修正案を作っている場面が
映されたが悠長に見えたのは私だけか?

影の内閣と言っているなら常に予算案等、内閣に対峙出来る
ような準備はしておくべきと考えるが?
特に日本は首相(内閣)のすげ替え、衆議院解散等が異常と
思える程多い国であり、また、解散総選挙を求めている立場
としては準備は当然だろう!

ここに日本政治の甘さが出ている。



自民党—政権党の38年 (中公文庫)
中央公論新社
北岡 伸一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自民党—政権党の38年 (中公文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

自民党はなぜ潰れないのか—激動する政治の読み方 (幻冬舎新書)
幻冬舎
村上 正邦

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自民党はなぜ潰れないのか—激動する政治の読み方 (幻冬舎新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック