原発事故対応、政権変われば何とかなる話ではない=仙谷官房副長官談

確かに政権が交代したからすぐにどうこうなる話ではないな。
現野党が政権復帰した場合にどんな対策・対応ができるのか
判断材料がないと、この話は膠着したままだろう。

[東京 30日 ロイター より]

仙谷由人官房副長官は30日午前の会見で、政府の
福島第1原子力発電所事故の対応について、世論調査などで
「評価しない」

との意見が多数を占めていることに対し、

「政権が変われば、何とかなるという簡単な話ではない」

と語った。

東日本大震災からの復興に向けて、一般論としながら、大連立的に
与野党が協力しなければ乗り越えられない局面との見解を示した。

詳細は以下のURLから
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-21422520110530



暴走する資本主義
東洋経済新報社
ロバート ライシュ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 暴走する資本主義 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック