責任放棄? 内閣不信任決議に社民党・共産党は欠席

これから衆議院で行われる「内閣不信任案の決議」に対し
「共産党」「社民党」は昨日の時点で「欠席」を言明した。

これは許されるものなのだろうか?
欠席=議決権の放棄となる。

国民の代理として国政に取り組むべく選出された代議員が
その権利(というより、義務だな。仕事だし!)を放棄するの
であれば給料を返してもらわないと、税金を納めている国民
には割りに合わない。

また、今後今回の「内閣不信任案の議決」に関する発言を
することは憚られると考えるが、どうだろう???


拝啓!代議員さま
楽天ブックス
素人が書いた政治の本 吉村正一 近代文藝社 近代文芸社発行年月:1994年05月 ページ数:247p


楽天市場 by 拝啓!代議員さま の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック