大阪府の橋桁工事、福島の業者受注も住民の要請受け中断

とんだ風評被害だ。

~asahi.comより引用~
大阪府が発注した同府河内長野市での架橋工事をめぐり、
福島県内の建設会社が造った橋桁の搬入に対し、周辺住民が

「放射能汚染が不安だ」

と反対し、別の業者への発注を要請していることがわかった。

府は8月以降、工事を中断し橋桁の放射線量を測定。
今後、専門家の意見を踏まえ安全性が確認できれば、工事を
再開させたい考えだ。

府富田林土木事務所によると、河内長野市街地と和歌山県境を
結ぶ国道371号バイパス(全長約6キロ)工事の一部。

橋桁は長さ55メートル、幅8メートルの鋼製で、福島県郡山市の
建設会社が2009年5月、製造と設置工事を約1億2500万円で
受注した。

業者は郡山市内の工場で橋桁を製造し、今年2月に完成。
9月中に橋桁を搬入し、来年2月に橋を完成させる予定だった。
だが、3月に東日本大震災が起き、橋桁は損傷しなかったものの、
工場敷地内に保管されたままだという。橋の両岸の基部と橋脚は
7月に完成した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック