李登輝元総統が「尖閣諸島が日本領でないという証拠を出せ」

自分の意見を言うのは簡単だが、論理的でない発言は恥ずかしい。
ましてや、感情に流され台湾のことをバカにするような発言は失礼としか
言いようがない。
多くの中国人の思考が垣間見える事件だな。


2012年6月7日(木)12時11分配信 Record China より

2012年6月5日、台湾の李登輝(り・とうき)元総統が台湾中央大学で講演を行った際、
尖閣諸島に関する中国本土学生からの質問に対し、
「日本領でないと言うのなら、証拠はどこにあるのか?」
と詰め寄り、会場が一時騒然となった。6日付で香港・中国評論新聞社が伝えた。

質疑応答で手を挙げた中国本土の学生はまず、
「両岸(中台)学生は今後どのように発展していくべきか?」と質問。
これに対し、李元総統は
「良い関係を維持するべき。台湾は中国の一部などと言うべきではない」と回答した。

その後、李元総統が台湾メディアで「尖閣諸島は日本のもの」と主張していることに触れ、
「本当にそう思われているのか、この場を借りて確認したい」
と問いかけると、

「尖閣諸島は漁業をする場所。領土問題は存在しない。
 だが、君が日本領でないと言うのなら、証拠はどこにあるのか?」
と詰め寄り、会場は一気に険悪な雰囲気に。

司会者が慌てて「時間も時間なので」と質疑応答を終わらせようとしたが、学生は
さらに食い下がり、
「台湾は捨てられた存在に思える。誰からも関心を寄せられていない」
と応酬。

李元総統が講演で
「台湾は50年間の日本統治時代に日本から多大な影響を受け、現代化が進んだ」と
話したことに対しても、
「台湾の現代化は米国の影響、日本は近代化に影響を与えただけ」と否定した。

会場はさらに緊迫した雰囲気となったが、李元総統は寛容な態度で
「この学生が台湾に学びに来ているということは、台湾の歴史に大変興味を持って
 いるのだろう」

と述べ、台湾の歴史について書いた自身の著書をこの学生に贈ったという



台北(たいぺい)ストーリー (新しい台湾の文学)
国書刊行会
白 先勇

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 台北(たいぺい)ストーリー (新しい台湾の文学) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック