「オバマ政権は強く日本支持を」 米紙ワシントン・ポストが社説

27日付の米紙ワシントン・ポストは中国漁船衝突事件をめぐる
日中間の対立に触れ、台頭する中国に対し

「米政府は日本や韓国などの同盟国を強く支持するべきだ」

とする社説を掲載した。

社説は中国が衝突事件に便乗して対立を激化させ、菅政権の
指導力や日米同盟の結束を試しているとの見方を示した。
その上で、オバマ政権が日本を支援するシグナルを送ったことを受け

「日本のほか、韓国などが米国との同盟の価値を再発見したようだ」

と指摘した。

また、中国から日本へのレアアース(希土類)の輸出手続き停滞を非難。
中国の対イラン制裁への消極姿勢やパキスタンでの原子力発電所建設計画、
人民元の切り上げへの慎重対応も挙げ、国際ルールに従おうとしない
中国の態度を

「19世紀の重商主義のようだ」

とした。

以上、共同通信記事より


他国のメディアは客観的に今回の事故(事件)を見ている。
日本のメディアはどうだ?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック