無理じゃね! 温暖化対策の国連作業部会、中国で開幕

中国で「温暖化対策の国連作業部会」が開幕されたらしいが
なんで中国で?

中国は地球温暖化防止策としての二酸化炭素排出量規制に
反対してきたが、枠組みに入ることを協調しているけど、下記の
国務委員が言っている通り、中国が独自に目標として打ち出すが
「先進国と中国」とで「差異」があっても良い。
イコール、中国は守らない可能性が高い(というより守らないだろう)
ということだ。

本末転倒とはこのことだね。

以下、日本経済新聞 2010/10/4 11:20 (2010/10/4 12:12更新)より抜粋

2013年以降の地球温暖化対策の国際的枠組み(ポスト京都議定書)
づくりを協議する国連作業部会が4日午前、中国・天津で開幕した。
同部会の中国での開催は初めてで、9日までの6日間の日程。
11月末からメキシコで開く第16回国連気候変動枠組み条約締約国会議
(COP16)前の最後の作業部会で、先進国と途上国の溝を埋め、妥協点
を探れるかが焦点になる。

開幕式で中国の戴秉国国務委員(外交担当)は

「(先進国と途上国の)共通だが差異のある原則」

を強調し、先進国により積極的な取り組みを要請。
中国が独自に打ち出した目標として、国内総生産(GDP)を一定額
生み出すために排出する二酸化炭素(CO2)の量を20年までに
05年比で40~45%削減する方針を説明し、交渉に積極的に取り組む
姿勢を示した。

以降、興味のある方は下記URLでどうぞ。
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE2E6E2E2828DE2E6E3E2E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック