日本青年上海万博訪問団への取材妨害やりたい放題

文化交流再開と言いながら、中国国内メディアでは全く取り上げない
この姿勢こそが中国の最悪の姿であることをなぜわからないのだろうか?
交流を再開したことを中国人民に知られることを頑なに拒んでいるように
見えるが、所詮情報は網をくぐって伝播されるもの。
無駄なことはやめて、問題に正面から取組まないのか中国政府(中国共産党)は?

-------------------------------------------------------
中国の私服警官が日本人学生への取材を露骨に妨害 上海万博会場で
2010.10.28 11:52 共同ニュースより

中国漁船衝突事件の影響で延期されていた「日本青年上海万博訪問団」
の大学生ら計約680人が28日午前、上海万博の人気パビリオン、
中国館を見学した。

一行が同館に入場する際、中国の私服警官らが、日本メディアによる
写真撮影やインタビュー取材を露骨に妨害、中国側が今回の訪問団の
交流活動を可能な限り目立たせないようにする姿勢を明確に示した。

一行は上海万博の開門1時間前の同日午前8時(日本時間同9時)、
10台以上のバスで中国館前に到着。日本の報道陣が取材を開始した
ところ、私服警官らが大学生らとの間に立ちはだかり、写真撮影などを
妨げた。

また首から下げている日本人記者の万博記者証に書かれた名前を
一人一人見て回るなどして取材活動を威嚇。
到着場面を取材する中国メディアは見当たらなかった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック