尖閣沖での中国漁船衝突映像がYoutubeにアップされていた!

9月に発生した「尖閣沖での海上保安庁巡視船への中国漁船衝突事件」
のビデオ映像がYoutube上にアップされていることが確認された。

今朝のズームインでその映像が流されていた。映像内容について
海上保安庁が撮影したものと認めている。
しかし、このビデオ映像については国会議員にもほんの一部分しか
見せられていない物であり、誰が、どのように入手して、何の目的を持って
ネット上にアップしたのかは今のところわかっていない。

が、沖縄地検か海上保安庁、あるいは法務省で今回沖縄地検から入手
したビデオを編集した者に限定されてくるはず。
ネット上にアップされたものの掲載を抑えることは事実上不可能なので、
世界中の人に公開された訳だ。

ただ懸念されるのは、日本という国にとってビデオ映像のネット公開が
日本に有利に働くか否かにかかってくる。
ビデオ映像は中国への牽制のために残しておくべき切り札だったのだと
思うが…。

ネットへアップした者の特定と日本としての国際的な態度(政府の意志
に関わらす、ネット上に公開されたものであっても、公開された以上は
国としての意志)を明確にしなくてはなるまい。

ここで、政府として公開した訳ではないので見解は言えない等と責任回避
をすれば、世界中の物笑いどころか、信用を失ってしまうだろう。
「政府として公開した訳ではないが、ビデオ映像への政府見解としては
 〇〇〇〇〇だ。但し、政府が公開を認めていない映像を無断で公開した
 事は、情報搾取であり、誰が何の目的で今回の行動に出たのかを捜査
 する。」

と毅然とした態度で臨まないと、それこそ国の体を成さない国とレッテルを
貼られることになるだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック