大国首脳の発言力はいかに? オバマ大統領読売新聞の質問に答える

読売新聞からの質問意対してアメリカのオバマ大統領から書面での
回答があったとのこと。

大国の首脳の発言が、おのぼりさん中国に伝わるか?
様子をみていこう。


以下、読売新聞 11月12日(金)6時2分配信

国際法順守、中国に要求…オバマ大統領書面回答

バラク・オバマ米大統領は11日、読売新聞の質問に書面で回答を寄せた。

12日からアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議出席のため
来日するのを前に、日本の報道機関のインタビューに応じたのは初めて。

大統領は、中国について、
「地域と地球規模の課題で責任を持った行動を取るよう期待している」

と述べたうえで、尖閣諸島の領有権を巡る日中間のあつれきを念頭に、
「未解決の紛争の平和的な解決と国際的な規範、国際法の順守が、
(アジアの安全、安定、繁栄という)目的にとって中心をなす」

と語って、南シナ海や東シナ海での覇権主義的な振る舞いにクギを刺した。

中国は南シナ海で、漁船保護を名目に武装した政府の「漁業監視船」を
派遣して、実質的な実効支配を手に入れようとしている。
日本政府には、
「中国は同じことを東シナ海でやろうとしている」(外務省幹部)
との懸念がある。

大統領が国際規範と国際法の順守を求めたのは、国際法上も日本が
正当に実効支配している尖閣諸島の一方的な現状変更を認めないとの
立場を示したといえる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック