小沢一郎君、自分で首を締めてないか?

昨日、菅総理(民主党代表でもある)からの政治倫理審査会出席をも拒否した小沢一郎君。

審査内容を基本公開しない政治倫理審査会なのに、そこまで拒否するのは何故なのか?
このままでは国会への参考人喚問要求が野党から出され、議決されれば(議決は確実)必ず喚問に応えなければならない厳しい立場に立たされるのにだ。

敢えて国会の場で何も違反に値することはしていないと明言する気持ちなのか?
それならそれで、岡田幹事長にその旨言えばいいのに、重鎮を気取り若僧には言うことも憚るのか?

それはそれとして、小沢一郎君の秘書の如くインタビューに応える鳩山由紀夫君は何なのだろうか?
元首相としての自覚、政権を担っていた者の立ち振る舞いとは思えない愚かな者にしか見えない。
首相を辞任しなけれはならなかったことも、今の行動からすればさもありなんと謂うことを自ら証明しているということか…



小沢一郎は背広を着たゴロツキである。
飛鳥新社
西部 邁

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小沢一郎は背広を着たゴロツキである。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

小沢一郎 嫌われる伝説
小学館
渡辺 乾介

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小沢一郎 嫌われる伝説 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック