菅首相や前原外相が沖縄.中井眞知事を訪ねているが

今週、菅総理、前原外相と相次いで沖縄県の中井眞知事を訪ね
「普天間基地の辺野古移転」

に関して説得をしてはいるが。。。

中井眞知事はつい先日、米軍基地の県外移設を公約として
当選した方であり、今、首相や大臣クラスが説得に来たからと
いって「はいそうですか」と返事は出来まい。

それを解っていながらも、立場的に動かざるおえないことは
今の政局から見れば理解出来ないことではないが、それにしても
「手ぶら」で行って打開できる問題ではない。

沖縄県から普天間基地(だけなのか、それ以外の主要な米軍基地
も含めるのか?)の移転決定とその明確なスケジュール(アメリカ
との合意が必要だが)を持参しない限り、今の時期に辺野古移転を
受け入れはしないだろう。

あと、沖縄県に言うべきは
「米軍基地移転後に失われる基地内就業者の生活を、沖縄県・
名護市がどのように考えているか」だ。

米軍基地移転は積年の希望なのはわかる。
だが、米軍基地という就業先があり生活を賄っている市民・県民が
多くいることを置き去りにした論議では、結局最後に泣くのは住民で
あることを忘れてはならない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック