沖縄県名護市への米軍再編交付金支出取り消しに

昨年日米が合意した普天間基地の名護市辺野古移転に伴う
移転整備のための移転交付金の交付が取り消しとなった。

民主党政権となり、時の鳩山由紀夫首相が発言した
「最悪でも県外移設…」
との不用意・戦略・計画なき言動から今に至る迷走により
沖縄県民の怒らせてしまったことにそもそもな原因なのだが。

交付金支出取り消しは当然だ。
原因はどうであれ、移転を拒否し、先行きの判らないところに
交付することは行われるべきではない。

今後、政府・沖縄県等々が協議し、よりよい形に収まることを望む。
(収まる気配は今のところ見えないが、今、沖縄周辺から米軍部隊の
 戦力を削ぐことは尖閣諸島・南西諸島等々周辺における中国海軍
 の抑止力が極端に低下することになる。
 韓国と日本が協力しても、中国の戦力にはかなうまい。
 沖縄からの撤退を本気で言うなら、自国の防衛力を再整備し、米軍
 を頼らなくとも、中国・北朝鮮・ロシアの行動を抑止できる東アジア
 周辺国が一体となった防衛構想を図るべきだろう。)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック