選挙しか頭にないの野党は?

先週末から通常国会が始まった。

菅総理の所信表面演説の後から各党の代表質問が
始まったが。

野党自民党谷垣総裁の質問、意見の中で
「散々国の借金を増やし、予算化には野党も協議に協力しろ」
とは、如何にも奢った考えであり、また、マニュフェストで国民に
約束したことにも反する行為だ。

マニュフェストを見直すなら即刻内閣を解散し、国民の真を問う
べきだ。と述べたが。。。

実際には自民党政権時代に湯水の如く国債を発行し、国の
借金を増やした党が言うべきことかよ?

また、所信表面演説に対する質問になっていない。では、解散し
衆議院議員選挙をやって、何を変えることが出来るのか?
自民党・公明党、その他野党は野党としての役割を果たしているのか?

選挙しか考えていないのではないかと思われる発言が多く、
国を動かしていく意志が見えない

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック